レビュー一覧に戻る
小さな恋のうた
2019年5月24日公開

小さな恋のうた

1232019年5月24日公開

ryo********

5.0

言葉、文化、フェンス、海と敵意を歌で越す

地上では抗議デモが、空にはオスプレイが飛んでいる等身大の沖縄を舞台にした小さな大傑作、マジだぜ! MONGOL800の名曲から着想を得たという本作、完全にノーマークだったんですが、観てきた知人がこれ観ないと縁切るぞレベルで推してきたので、素直さこそ我が本分なので速攻で観てきたら、大メジャー映画を嘲笑うかのように嘘のない大傑作でした。 言葉、文化、フェンス、取り囲む海と敵意。どうしようもない不理解と断絶を軽く越えてしまうブランコやイヤホンみたいに、音楽の力が、友への、兄への想いをのせた叫びが胸に響き渡る! 大好きな部活映画があります。 「がんばっていきまっしょい」 「ビートキッズ」 「リンダリンダリンダ」 「フレフレ少女」 これらに肩を並べる大傑作だったからみんな観てくれ!こういうのが本物の映画だから! 役者がみんないい!最高だ! 近年の日本映画の傾向として、役者は頑張ってるのに脚本と演出が残念ってのがあるけど本作にそれは全くない。 重要な役どころを演じた山田杏奈ちゃんは、米軍基地のフェンスや抗議デモ、そして平然と飛んでいるオスプレイと共に本作が衝く真実の屋台骨。複雑で難しい役どころなのに見事でした。 これ見よがしなカメラワークがない、学芸会的なセリフ持ち回りがない、うざい決め台詞がない! いや、これ見よがしなカメラワークはないが、バシっと普通に構図が決まってる。ごく普通に。屋上ライブシーンなんか特に!「はじまりのうた」以来の名屋上ライブ!あ、あっちはレコーディングか(笑) もうほんとに日米大メジャー映画たちよ、本作の爪の垢煎じて煎じて煎じて煎じて煎じて煎じて煎じて煎じて煎じて煎じて心して飲んでくれ! あ、最近あらすじを書かないようにしてるのですが伝わってますか?

閲覧数2,007