クイーン ヒストリー2 1980-1991
3.5

/ 13

23%
31%
23%
15%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(2件)

かっこいい25.0%ゴージャス25.0%悲しい12.5%セクシー12.5%楽しい12.5%

  • tos********

    4.0

    映画との関係も

    クイーンのアルバム「フラッシュ・ゴードン」から最後「メイド・イン・ヘブン」までを、音楽史研究家、作家、ジャーナリスト、DJのインタビューで綴る。  映画「ボヘミアン・ラプソディ」でクイーンを知った人は、クライマックスだったライブエイド以降の「カインドオブマジック」からの彼らを知ることができます。ちなみにフレディ・マーキュリーはエイズ公表の翌日、死亡が公表されました。今作公開の2006年頃は、まだ映画「ボヘミアン・ラプソディ」の制作は始まっていません。それが制作公開される時は、正直あんなにヒットするとは思いませんでした。  映画のサントラ「フラッシュ・ゴードン」でクイーン好きになりましたが、映画そのものは目も当てられない出来。まさか映画「テッド」で注目されるとは。「ザ・ワークス」は映画「メトロポリス」、「カインドオブマジック」は映画「ハイランダー」と繋がりがあります。

  • n_f********

    5.0

    語ってる人の思いが熱い!

    公開から半年経った今でも上映が続いている 『ボヘミアン・ラプソディ』の超大ヒットで 何度目かの注目を集めているクイーン。 このドキュメンタリー作品も1・2とも完売の日が続いていたのですが、 やっと見ることができました。 この2の方では wikipediaの来歴でいうところの 【第2次黄金期】~【後期、フレディ・マーキュリーの死】あたりの内容を映像化したものです。 (『ボヘミアン・ラプソディ』だとソロやるやらないあたりの時系列かなと思います。) 主なトピックとしては ・新しいことを取り入れるスタイルとファンからの批判。 ・ライブエイドへの出演。 ・フレディの死。 これを当時の映像を少しづつ出しながら専門家(ただのファンかと思いきや知り合いっぽい人もいる) 3名くらいが当時を語っていきます。 前作同様、『もっとクイーンが見たいのに!!』と思っていても容赦なく切られて 語りの映像であったり、次のトピックへ移動していきます。 映画のサントラとして出た『フラッシュ・ゴードン』とその後数枚のアルバムは 新しい手法を取り入れて製作したものの あまり評判は良くなかったようで、 専門家達も『こんなの俺達の求めているクイーンじゃなかったよ!!』と熱く語っていましたが、 後半の数枚では『クイーンが復活した!!』とウキウキと語っていました。 圧巻のライブエイドの映像。(数分だけだけど。) 映像で観るだけでも凄さが伝わってくるのだから 当時これを体験した人たちは大興奮だったのだと思います。 (語ってた人たちの熱量も凄かったし) そこからはフレディの病気がわかり、活動も減っていきますが、 最後のアルバムについては割りと丁寧に解説されていました。 個人的にグッときたのは『輝ける日々』を字幕付きで観れるところ。 力強い歌声にストレートな思いを綴った歌詞。 こんな歌詞だったのかと熱さに胸打たれます。 『ショウ・マスト・ゴー・オン』の製作の話を少し聴けたのも嬉しかったです。 ------------------- あと、個々のメンバーに対しても 『彼の楽器技術や曲は最高峰!』とか 『彼は地味だが堅実な判断ができる!』と褒めてるあたり愛を感じました。 …うん、すごく伝わったよ。あなたたちのクイーンへの愛。 本当に本当に大好きなんだね。 そんなかんじでクイーンもファンも熱い映画でした。 この作品内では ・耳に残る『フラッシュ・ゴードン』  (映画内で『この曲は『アアー』しか中身がない!』って言ってたのもちょっと面白かった。) ・手拍子したくなる『RADIO GAGA』 ・女装している姿が見れる『ブレイク・フリー』 ・これを無くして語れない『輝ける日々』・『ショウ・マスト・ゴー・オン』 が個人的には特に熱い曲でした。 あと、やっぱりライブシーンは最高です。 -------- ちなみに、メンバーも三十路に突入してきた歳なので、よく観る写真よりややお肉付いてます。 ポスターでもわかるように『あれ!?何かフレディ ふくよかになってない!?』という印象でした。 (それでもかっこいいけど…!!) あと、何かのPVでのジョン・ディーコンが 指パッチンなんかヘタクソで可愛かった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
クイーン ヒストリー2 1980-1991

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-