ここから本文です

クリムゾン・プラネット (2018)

2036 ORIGIN UNKNOWN/ORIGIN UNKNOWN

監督
ハズラフ・“ハズ”・ドゥルール
  • みたいムービー 1
  • みたログ 22

1.89 / 評価:19件

本格SFっぽさがある

  • jul******** さん
  • 2019年9月13日 22時01分
  • 閲覧数 478
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「2001年宇宙の旅」のようなSF好きの私からしたら、この感じは好きだ。
映像の良さは本格SF。近未来のAIが活躍するビジュアルイメージは、うならされる。
そして、対話する相手となるAIの顔も、簡単なものであるのが、逆にスマート感を漂わせている。
しかし、SF映画的に加点が多い反面、お話的に?となる面がマイナス印象だった。
話的に父の死とか、姉との確執とか、宇宙管理センターで人かAIかなどいろいろな謎かけが出てくるのだが、言い出したは良いが、謎は解けてないままで進む、やりっぱなし感がある。一応、言い切る答えはあるのだが。
あとは、俳優さんがちょっと苦しい。
本格硬派SFで、AIという路線は、「2001年」のハル9000だが、その一線に劣るものとは思えない。
しかし、あっちは本格SF作家原作だ。
こっちはそんなもんないなか、よく検討していると思う。
B級SFが多い昨今の現状、おそらくこの映画はその分野に入れられてしまうのだろうが、この映画はB級SFとはいえないほど、見ごたえがあった。
後半ラストまで、お話自体はしっかりとしたオチも用意されている。
私のなかでは立派なSF映画、と認めてあげたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ