ここから本文です

神と共に 第一章:罪と罰 (2017)

ALONG WITH THE GODS: THE TWO WORLDS

監督
キム・ヨンファ
  • みたいムービー 105
  • みたログ 491

3.86 / 評価:381件

羨ましい! 娯楽大作の良品

  • k4n******** さん
  • 2019年10月1日 15時54分
  • 閲覧数 858
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトルから宗教映画的なものかとスルーしていましたが、知人に薦められ遅ればせながら鑑賞。
実際観てみると、全くそういう類の映画ではありませんでした(【地獄】【転生】という価値観自体が宗教的とも言えますが)。

そして、いやー面白い!
「笑いあり、涙あり、ド派手アクションあり」といった素晴らしいザ・ジャンル映画的娯楽作でした。
こういった作品に数十億円規模の予算を投じ、更にそれに見合った破格のヒットを飛ばす韓国映画界が正直羨ましい!
何でも四部作の一作目らしいですが、この一作で見ても十分満足です(カンニムの過去と思しきフラッシュバックなど、つづき要素もありますが)。

まずメインキャストが素晴らしく、主人公ジャホンの「肩入れしたくなるイイヤツ感」、ヘウォンメクの「可愛いお馬鹿後輩感」、ドクチュンの「キュートな愛らしさ(決して美人ではない所がなお良い)」、そしてハ・ジョンウ演じるカンニムの「冷静なんだけど芯は熱いものがある出来る男っぷり」・・・地獄冒険のパーティとしてキャラ立ちバッチリ。
更にジャホンの弟スホン、ジャホンの母、各裁判官、検事役の面白コンビ、スホンの上司&部下に至るまで役者さんのハマりっぷりが最高です。

個人的には、とある冷酷な決断を下してしまうヒールな役回りの【あの人】も、ワンシーンの描写で「そうか、コイツもコイツで守らなきゃいけないものがあるんだよな」と思わせるなど、完全な悪人を作らない姿勢も好感を持ちました。

物語自体は「地獄巡り」「裁判もの」として見覚えのある王道展開が続きますが、長く愛される物語だからこその【王道】。
これだけ丁寧にやってくれれば、思う存分感動できます。

そして、一番楽しめたのがビジュアル造り。
恐ろしくも美しい地獄の風景や、コミック的なキャラクターを見事に具現するキャスティングや衣装が素晴らしく、アクションの派手さも相まって画面に釘付けでした。

「楽しい」「笑える」「カッコいい」「美しい」「泣ける」と、娯楽作に求める【感動】をほぼ全て与えてくれた一作。
また見返したいし、吹き替えも気になるので、今からBlu-rayの発売が待ち遠しいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ