2019年6月28日公開

神と共に 第二章:因と縁

ALONG WITH THE GODS: THE LAST 49 DAYS

1412019年6月28日公開
神と共に 第二章:因と縁
4.1

/ 260

39%
35%
20%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

地獄で開かれる死者が転生するための七つの裁判において、弁護を務めるカンニムたち3人の冥界の使者は、1,000年で48人の死者を転生させてきた。彼らは、あと1人転生させたら新しい生を得ることができる。三人はジャホンの弟スホンを最後の裁判を受ける貴人としようとするが、スホンが本来は消えるべき怨霊だったため、閻魔大王からある条件を出される。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(43件)

スペクタクル10.0%かっこいい9.6%ファンタジー9.2%勇敢8.4%切ない8.4%

  • ふぃがろ

    5.0

    感動した

    前回も引き込まれるようにみましたが、アクションもありながら、感動で涙する。今回は使者の秘密が明らかになる48人目を助ける意味と伏線の回収も素晴らしい。思いもよらない縁と因縁が…感動しました。

  • oce********

    3.0

    過去シーンが多い

    第2章は1章のキムの弟スホンであり、冥界の使者たちも49人目の無罪によって転生のため裁判に臨む。 マ・ドンソクが子供を携え神として登場する。 もうこれだけでも面白そうだが、人間には逆らえない縛りによって結構弱い。 1作目は次々と知られざる過去を明かして罪の是非を問うたが、今作はスホンだけでなく、カンニムやソンジュ神に加えて、閻魔大王まで。 流石に過去シーンが多すぎて、1章よりもダレる展開。 ラストも感動まで行きつかない構成だけど、このシリーズは世界観を作っただけでも成功なのだろう。

  • per********

    4.0

    ネタバレ本当の地獄は心の中にある

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rsg********

    2.0

    前作は現代メインなので感情移入出来た様だ

    が、第二章は韓国の歴史など知らない為なのだろう何故?となり泣けなかったし、解せないので最低評価でも良いのだが…【■ネタバレ!■になるだろうが、駄文を読んでね♪】。 『1000年で48人の死者を転生させてきた』のは褒め称えられるとされているが、少な過ぎやしねかぁー?!?(& 49人 って?どんな理由があるの?!?)、 壮大な物語だと思ってたら『3人の冥界の使者』は前世で顔合わせてる!ってぇー スケールダウンじゃね?!、 記憶を消される設定も済し崩し的な…御都合過ぎじゃね!?、 マ・ドンソクの成主神って何?!、客寄せパンダじゃねーか!?(は言い過ぎかもしれんが、「ジュラシック・ワールド」完コピしてるし…)、  等々の疑問が募るばかり、 ★白い首巻き って寒冷地で常用するもんじゃないの?!?、事後タイミングで手品の様に取り出すなんて御都合にも… ってか!?拒絶されるかもしれないし仰天してる間に包み込んでしまうなんて自己中過ぎやしませんか?!?!。 前作泣かされて満点にしたのに裏切られた感が残り、 恨み続けてはダメ! なんてのが主題なのかと考えてたのだがチョット違うみたいで… 深く掘り下げた物語の様だが騙された感が…、俺の知識不足なのかもしれないがリピートするには141分は長過ぎるし、期待以下だし違和感!いや嫌悪感!って感じなんで評価は★1の筈なんだが溜息つきながらオマケしといた。

  • mit********

    5.0

    ネタバレ観ないと損?

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ハ・ジョンウカンニム
チュ・ジフンヘウォンメク
キム・ヒャンギドクチュン
マ・ドンソク成主(ソンジュ)神
キム・ドンウクキム・スホン
D.O.ウォン・ドンヨン
ナム・イルホ・チュンサム

基本情報


タイトル
神と共に 第二章:因と縁

原題
ALONG WITH THE GODS: THE LAST 49 DAYS

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日