2019年6月28日公開

神と共に 第二章:因と縁

ALONG WITH THE GODS: THE LAST 49 DAYS

1412019年6月28日公開
神と共に 第二章:因と縁
4.0

/ 261

39%
34%
21%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(44件)


  • ken********

    3.0

    閻魔大王の存在感って…

    神と共に1章に続き、完結作の2章。 1章の出来が非常によかったので、物語の謎を全て回収できるのかに 焦点を当ててじっくり鑑賞してみた。 今回は前回のもろ続き。 前作で軍隊で事故死した者が恨みから怨霊になったことへの裁判。 怨霊から転生するために真実を解き明かす。 そして、この件に関連してハ・ジョンウ扮する使者自身の過去への浄化が 絡んでくるという複雑な内容。 前作に比べてアクションは少なめだが、その分裁判シーンに時間がかかっている。 しかし、ラストではなんと閻魔大王を証人に選出するなど 異様な展開を見せることになる。 はっきりいってよくわからない感じがした。 あまりにもいろんな状況がぐちゃぐちゃしていて 頭の中が整理できないまま進んでいってしまうからだ。 物語はちゃんと解決する。なるほどねという感じで。 エンドロールもしっかり見た方が良い。 この物語の最大の謎というか全ての起点がそこに執着されている。 韓国ドラマで使われる手法が存分に生かされていると感じる。 スッキリと終われるのは好印象。

  • ふぃがろ

    5.0

    感動した

    前回も引き込まれるようにみましたが、アクションもありながら、感動で涙する。今回は使者の秘密が明らかになる48人目を助ける意味と伏線の回収も素晴らしい。思いもよらない縁と因縁が…感動しました。

  • oce********

    3.0

    過去シーンが多い

    第2章は1章のキムの弟スホンであり、冥界の使者たちも49人目の無罪によって転生のため裁判に臨む。 マ・ドンソクが子供を携え神として登場する。 もうこれだけでも面白そうだが、人間には逆らえない縛りによって結構弱い。 1作目は次々と知られざる過去を明かして罪の是非を問うたが、今作はスホンだけでなく、カンニムやソンジュ神に加えて、閻魔大王まで。 流石に過去シーンが多すぎて、1章よりもダレる展開。 ラストも感動まで行きつかない構成だけど、このシリーズは世界観を作っただけでも成功なのだろう。

  • per********

    4.0

    ネタバレ本当の地獄は心の中にある

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rsg********

    2.0

    前作は現代メインなので感情移入出来た様だ

    が、第二章は韓国の歴史など知らない為なのだろう何故?となり泣けなかったし、解せないので最低評価でも良いのだが…【■ネタバレ!■になるだろうが、駄文を読んでね♪】。 『1000年で48人の死者を転生させてきた』のは褒め称えられるとされているが、少な過ぎやしねかぁー?!?(& 49人 って?どんな理由があるの?!?)、 壮大な物語だと思ってたら『3人の冥界の使者』は前世で顔合わせてる!ってぇー スケールダウンじゃね?!、 記憶を消される設定も済し崩し的な…御都合過ぎじゃね!?、 マ・ドンソクの成主神って何?!、客寄せパンダじゃねーか!?(は言い過ぎかもしれんが、「ジュラシック・ワールド」完コピしてるし…)、  等々の疑問が募るばかり、 ★白い首巻き って寒冷地で常用するもんじゃないの?!?、事後タイミングで手品の様に取り出すなんて御都合にも… ってか!?拒絶されるかもしれないし仰天してる間に包み込んでしまうなんて自己中過ぎやしませんか?!?!。 前作泣かされて満点にしたのに裏切られた感が残り、 恨み続けてはダメ! なんてのが主題なのかと考えてたのだがチョット違うみたいで… 深く掘り下げた物語の様だが騙された感が…、俺の知識不足なのかもしれないがリピートするには141分は長過ぎるし、期待以下だし違和感!いや嫌悪感!って感じなんで評価は★1の筈なんだが溜息つきながらオマケしといた。

  • mit********

    5.0

    ネタバレ観ないと損?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sun********

    5.0

    いきなり「ジュラシック」?Σ( ̄□ ̄;)

    第一章に続き、二章も鑑賞♪ 参考までに、導入部を説明すると… 冒頭は、前作の「直後」から始まる 冥界の掟を破り、スホンを連れ 天倫地獄へと、やって来たカンニムに 閻魔大王は、ある老人を冥界へ連れてくる事を条件に スホンの裁判を行う事を約束する そこで、ヘフォンメクと、ドクチュンが、下界へ赴くも その老人宅には、彼を守る屋敷神のソンジュがいて… と、まぁ、こんな感じで始まる 第一章のレビューにも、書いたけれど 今回は、スホンの裁判を出しに 3人の使者の千年前の「過去生」が、明らかにされる カンニムは、スホンに、自分の過去生を語り 記憶のないヘフォンメクと、ドクチュンは 自分たちの過去生を知ると言うソンジュから、話を聞き出す形で 3人の過去生が、交錯しながら進む そして、終盤は、スホンが、「怨霊化」してしまった 意外な真相も、明らかに… 3人の「過去生」は、ちょっとした「歴史絵巻」の様で それぞれ、面白かったけれど ただ、ヘフォンメクは、ちょっと、「キャラ変」しすぎだよね?(^_^.) 人格が、180度、違う様な… まぁ、千年も、冥界にいれば、性格も変わるのかもしれんが… ちなみに、第一章は、「ロード・オブ・ザ・輪廻転生」と評したけれど 今作では、いきなり「ジュラシック・パーク」な展開が…!Σ( ̄□ ̄;) まさか、本作で、「ラプトル」を見る事になろうとは、思いもよりませんでした(笑) てか カンニムも、余計な事を言わなきゃいいのにね。(^_^.) という事で、 「ロード・オブ・ザ・輪廻転生」と いきなり「ジュラシック・パーク」が、気になった方は 2本、合わせて、ぜひ、どうぞ♪ ちなみに、エンディングに入って、すぐのところで 閻魔大王の「意外な秘密」も、明らかになりますので こちらも、お見逃しなく!(・▽・)ノ 〈余談〉 ソンジュ神役のマ・ドンソクは、「新感染」にも、出ています こちらも、お薦めなので、未見の方は、合わせて、どうぞ♪(・▽・)ノ ちなみに、この作品 2021年に、続編が、公開されるのね!Σ( ̄□ ̄;)

  • ナナコ

    5.0

    韓国映画はハズレがない

    面白かった!映像、キャスティングどれをとっても素晴らしい。ちょっと話の流れに遅さを感じるくらいだけど、それも練られた結果だと思えばね。第1章からの続きだけど、第2章だけでも十分見ごたえがあります。主役の俳優さん達がかっこよすぎる。見終わったあとでもワクワク感が残るいい映画でした。閻魔大王が好き

  • kos********

    3.0

    地獄感は減った

    3人の前世?も知れてよかった

  • mon********

    4.0

    アメコミや漫画実写より韓国映画の方がいい

    パラサイトでも感じたことですがアメコミや漫画の実写化に頼りっぱなしのハリウッドや邦画と違って韓国映画は脚本が緻密。物語の本筋だけでなく伏線や取るに足らない背景まできっちり辻褄合わせてあるので今作のようなファンタジー色の強い設定でも違和感がない。家族愛や人間愛も絡めてくるので作品に重厚感もプラスされるという。ラストの落ちも見事でした。

  • wendytiger

    4.0

    ★4.2 凄い展開

    そうか!3人の死者には1000年も昔にそんな因縁があったのか。凄すぎる。エンデイングも、ハッピーエンドで爽やか。 シリーズ化して欲しい。絶対に全部見たい!

  • fg9********

    4.0

    韓国映画はエンタメ作品もハリウッドに迫る

    …在宅勤務で映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。  『地獄で開かれる死者が転生するための七つの裁判において、弁護を務めるカンニムたち3人の冥界の使者は、1,000年で48人の死者を転生させてきた。  彼らは、あと1人転生させたら新しい生を得ることができる。  三人はジャホンの弟スホンを最後の裁判を受ける貴人としようとするが、スホンが本来は消えるべき怨霊だったため、閻魔大王からある条件を出される。』  「第二章」は、冥界の使者たちの転生が中心の話になり、「第一章」と比べてアクションシーンは少ないものの、カンニム・ヘウォンメク・ドクチュンの3人が見事に繋がる「因と縁」に陶然とさせられた。  特に、ヘウォンメクとドクチュンの関係性は胸アツだったな。  そのキーポイントとなる人物が皆大好きのマ・ドンソクなので、もう言うことはない。  筋肉バカぶりを封印して、味わい深い次のセリフもドンピシャだったな。  「悪い人間なんていない。悪い状況があっただけだ……」  「因と縁」、それに纏わる「贖罪」をテーマとした人間ドラマにラストまで惹きつけられる。  「過去の悲しみに、新しい涙を無駄に流すな。」というセリフも身に染みたな。  かと思えば、ジュラシックパーク・パロディーで笑わせてもくれるのだった。  「第一章」同様、韓国映画はエンタメ作品でもハリウッドに迫りつつあるな。  十分に見応えありの3.8点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:3720件、2020年度163作品目)

  • ang********

    5.0

    ネタバレ評価平均4.09は、信頼の証の韓国映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • M.H

    4.0

    1章、2章ぶっ通し

    流石にお尻が痛くなりましたが、超大作を観終えた感が残ります。 完全にストーリーが続いてて絶対に1章を観てからの2章をお薦めします。 前作に続いて、EXOのディオ君いい演技してましたね。

  • yos********

    4.0

    第1章の回収版

    少し、トーンダウンした。 第1章があまりにも興奮したので あのレベルでマ・ドンソクも活躍するのかと 期待していたら、ちょっと違った。 まぁいい空振り。 当然第1章の伏線を回収していかないといけないので ストーリーが少し複雑になり、スケールが若干 小さくなってしまった。 いや、それでも十分デカいスケールで 見応えのあるもであったことには違いない。 これ、第3章とかもできるよね。 どんだけでもできる作品である。 でも第1章に比べると目が肥えて物足りなさが 目立ってしまうかも。 とにかく第1章、第2章とも満足のいく作品であった。

  • aki********

    5.0

    韓国映画でここまでできるとは

    ストーリーに秀逸なものが多いのでよく韓国映画を観ますが、この作品はそれ以前にSFXに驚かされました。ハリウッドと比べても遜色なく、韓国でここまでできるのか、邦画は負けたなと…。 ストーリーも秀逸です。前作は兄、本作は弟と主人公が変わるだけかと思ってましたが、取り巻く脇役の過去のしがらみも徐々に明らかになり、前作のあれらは伏線だったことに気付き、最後はすっきりしました。

  • rat********

    5.0

    前作は単なる予告編だった!

    第1章があってこその第2章だと思うのですが、これはガラリと雰囲気が変わりましたね。メチャクチャ面白かった! 前作に比べると地獄の風景も少なかったんじゃないかな。あまり、ド派手な映像って気はしなかった。 でも、その分、ドラマがしっかりしてるとでも言いましょうか。ホロッとさせるところがあったり、所々に笑いが散りばめられて、面白かったです。 そして、主役三人の過去が明らかになっていくストーリー展開は最高に楽しませてもらいました。エンディングも後から後から、新事実が出てきてホンッと面白かった。 マ・ドンソクの加入も大きいんじゃないかな。「新感染」の時から気になっていたけど、なかなか味のある役者さんだと思います。 とにかく、第1章とは全く異なる第2章で、こんなに楽しめるとは思わなかった。お薦めの一本ではあるのですが、第1章を見てないとここまでの面白さは体験できないだろうし・・・ 二本とも長いんだよね。

  • しちみ

    5.0

    テンポよくストーリーも最高

    前作がまぁ面白かったので惰性で観たら…予想を上回る面白さだった。 テンポよく話が進むので飽きない。 人間模様が最高。 質の良い大河ドラマのいい所取りみたいな部分もあって、なんかもう全てが良かった! 主要人物達みんなに感情移入出来る。 あとやっぱりこの3人組がすっごい好きだわ。 韓国ドラマを毛嫌いしている夫がいつの間にか夢中で観てて、終わったあとに「面白かった…」と一言。 さらにネットで役者調べたぐらい笑 小4の娘も気に入った様子。 ただ私も夫も韓国の名前に慣れてないからか、吹き替えだと登場人物の名前は覚えにくかった…。

  • ant********

    3.0

    第一章も観たので

    第二章も。 設定に慣れちゃったせいか まったり感さえ出てきました。 また続編作りそうですね。

  • くまぽん

    4.0

    ネタバレどっかで見た事のある

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/3 ページ中