レビュー一覧に戻る
ゴールデン・リバー
2019年7月5日公開

ゴールデン・リバー

THE SISTERS BROTHERS

PG121202019年7月5日公開

oce********

3.0

そして男たちは帰る

原作は映画よりもコミカルだったが、こちらはこちらでしっかりと世界観を持っている。 どこが似てるんだというジョン・C・ライリーとホアキンの兄弟だが、案の定ホアキンは常に酔っぱらって混乱を引き起こす存在。 一方ライリーもそれに降りまわされっぱなし。 この2人の殺し屋兄弟の旅と並行して、ゴールドラッシュの砂金獲りに沸く2人の男と接触が。 どこかユーモラスであり、時に残酷な場面も。 西部劇ではあるが、勧善懲悪とは程遠い世界が提示されている。 「ナイトクローラー」で危うい関係だったギレンホールとリズ・アーメッドが仲間のようになっているのは感慨深い。 ライリーは歯磨きしているだけで笑いを誘うし、そこにギレンホールも絡んでくるから更に面白い。 ラストに兄弟は帰る。それは誰しもがいる存在のところへ。

閲覧数462