2019年5月3日公開

キュクロプス

1082019年5月3日公開
キュクロプス
3.6

/ 28

32%
29%
18%
7%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

妻とその愛人を殺した罪で投獄された篠原(池内万作)は14年ぶりに出所し、妻を殺し自分を陥れた真犯人にリベンジを果たそうと考えていた。事件の捜査を担当した刑事らの協力で、真犯人がヤクザの若頭・財前(杉山ひこひこ)であることを突き止め財前殺害の準備を始めるが、事件の記憶がよみがえり悪夢に襲われる。そんな折、立ち寄ったバーで亡くなった妻とそっくりの女性(あこ)と出会う。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(5件)

絶望的23.1%不気味15.4%恐怖15.4%切ない15.4%悲しい7.7%

  • kun********

    1.0

    え?おれ??じゃねーょwww

    素人だけ集めて映画撮る企画か? 制作スタッフも素人さん? 映画演出とかこれが初めてか? 肩に力入ってるぞ 力抜けよ プロッターはクラウドワークスかなにかで丸投げしたか?そんな予算じゃ誰もまともなプロット書かないぞ 勉強になったな 二度と映画撮ろうとかトチ狂ったこと考えるなよ おじさんとの約束な

  • blu********

    1.0

    はっきり言って

    主役の演技力が学芸会レベル。 これが全て。

  • hin********

    4.0

    確かに近年の日本映画としては ・・・

    マイナーながら 噂になっていたので観たかったが なかなか地方では難しくDVDにて観賞 タイトルが良い コレが 一つのキーワードになっている。 冒頭の始まり方から ワクワクさせてくれるが 殺されている奥さんがイマジネーション的に出て来るシーンは ハッキリ言っていらない そんなシーンよりも 仲むつまじい時の回想シーンの 方が有効ではないだろうかと感じてしまった。 キュクロプスの絵も ちょっと唐突過ぎる感じがしてならない もう少しさりげなさが必要では?と感じさせた。 画面が暗く 見えずらい点も もう少し明るく観客サイドの視点を理解して欲しかった。(「ターミネーターNF」も 暗くて見えずらく キャラクター1人1人が分かりにくかったのが イマイチだった。) 後ラストの音楽は必要ある? 蛇足感バリバリの音楽は必要性を感じない と 諸々とマイナスポイントをいくつかのべたが 映画としては面白かった。 韓国映画的な ノワールとまでとは行かないが かなり頑張っている 今後この監督さんの 起点として見れば素晴らしい始まりだと思えてならない 主人公の池内万作よりも 敵役を演じた役者さんのキャラクターの描き方 演技に対して評価したい 出番がたくさんあるとは言わないが 好演だった そして脇役達の演技が好演さが目立った作品。

  • リンリンホーム

    4.0

    最後まで面白かったなぁ~!

    私好みの骨のあるサスペンス作品だった。先の方の言う通り 韓国サスペンス映画を思わせる雰囲気ではあるが、私的には ラストの展開などは、やはり日本映画だなぁと納得している。 (韓国作品と比べて少しだけやさしいかな) 流石に池内氏の演技は安心して見られる。脇を固めている俳優陣 の演技も素晴らしいと思う。(特に若手のやくざ役の方) ストーリーの組み立てと脚本が良いため、最後まで目の離せない 緊張感とスリルを楽しめたのが嬉しかった。 勘の鋭い方は先が予想できるが、巧いどんでん返しでは ないかと感心している。 ただ、全体的に暗い内容のためか画像自体も暗く感じてしまったのが 少しだけ残念だった。 マニアック的な作品に思えてしまうが、ぜひ、サスペンス映画ファンの方 機会があれば鑑賞を!                 終

  • 映画の夢

    4.0

    ネタバレ傑作だが、一点、疑問が

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


池内万作篠原洋介
斉藤悠西拓巳
佐藤貢三松尾和成
あこ井上ハル/篠原亜希子
杉山ひこひこ財前賢治

基本情報


タイトル
キュクロプス

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル