ここから本文です

ワイルドライフ (2018)

WILDLIFE

監督
ポール・ダノ
  • みたいムービー 118
  • みたログ 234

3.44 / 評価:161件

丁寧に作られた良作

  • popo さん
  • 2021年5月14日 22時00分
  • 閲覧数 98
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジョーがいい子過ぎて見ていられなかった。
14歳の子供、ジョーの目線から見た親の姿を描いている、幸せだった家庭が崩壊していく様は14歳という年齢ではなす術もない。口数の少ないジョーの言葉からは悲しみや憤りが手に取る様に伝わってきて、胸が痛い。子供でもなく、大人でもない微妙な年齢。グレてもおかしくない。だけどこの子がとっても良い子。それが救い。

父親は恐らく職を転々としているのだろう。度重なる引越しでジョーは友達が出来ない。山林消防隊に憧れる父親のヂェリーの気持ちは分からないでもないが、家庭を犠牲にしてまで?と、妻が思うのも当然。でもジョーは父が好きなんだよね。言葉の端々に出ている。

そして夫に捨てられた。女がいるに違いない。と邪推に押しつぶされそうになってる妻ジャネット。この時代、夫に依存してきた人がいきなり自立するなんて、難しいよね。まだまだ女性の地位は低い時代だから。彼女の気持ちも行動も同性としてわかる。だけどそれを14歳の男の子に分かれと言うのはあまりにも酷ではないか。
このジャネットを演じたキャリーマリガンが素晴らしい演技。幸せな良妻の時の顔つきと、夫が出て行ってからの顔つき。ラストシーンの彼女。単に化粧や見かけの変化だけでなく、表情で見事に演じ分けている。

終始、ブルーな気分にさせられる映画ではあるが、丁寧に作られた良作だと思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ