ここから本文です

ワイルドライフ (2018)

WILDLIFE

監督
ポール・ダノ
  • みたいムービー 121
  • みたログ 164

3.50 / 評価:111件

地味な話で魅せる実力。

  • Kainage_Mondo さん
  • 2019年7月21日 18時21分
  • 閲覧数 828
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

12年「ルビー・スパークス」 の共演で意気投合したのか、ポール・ダノ ( 以下敬称略 本作では監督&共同脚本 ) と ゾーイ・カザン ( 本作では製作&共同脚本 ) は事実婚の間柄で、昨年お子さんも誕生したとか。そ~んな話がこの映画と何の関係があるねん ?! という突っ込みはごもっとも。ただね~ いい歳を喰った映画ファンとしては、あの ! エリア・カザン監督 の孫というだけで、才女やないの ? と思ってしまうし、その彼女と愛を語るとは、やはり只者ではなかったか~ と ダノ に刮目してしまう訳。その 35歳 のご両人が生み出した、コンビ第1作 はどうだったか ?

1960年 モンタナ州カスケード郡 ( アメリカ北西部 ) の町に引っ越した一家の物語なのだが、失業だ 喧嘩だ 出稼ぎだ 浮気だ 喧嘩だ、という展開で話はどんより暗く地味。にも拘わらず、物語に惹き込まれたのは、14歳 の一人息子 ジョー ( エド・オクセンボールド 撮影時 17歳 ) の存在があればこそ、だった。

脚本の力で じつに堅実な仕上がり。ジャネット に扮した キャリー・マリガン ( 役と同じ 34歳 ) の ひりひりするような不安、焦燥、欲求不満の演技の巧かったことね ! ジェイク・ギレンホール も好演だったが、そんな両親に翻弄されながら ぐれもせず、淡々とポーカーフェイスで我が道をゆく ジョー ( オクセンボールド ) がイケていた。


【 余談 】 今 こんなものを映して大丈夫か~ ?! と 終盤 ドキドキのシーンがあった。あれで惨事になっていたら あちこちで話題になっただろうし、映画館に ”全くの偶然で云々” の お断りの貼り紙 が出ただろうが、幸いそうはならなかった。屋外に撒かれたのが救いだったかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ