ここから本文です

チャイルド・プレイ (2019)

CHILD'S PLAY

監督
ラース・クレヴバーグ
  • みたいムービー 196
  • みたログ 696

3.28 / 評価:585件

解説

名作ホラーに登場した殺人人形チャッキーの恐怖が再び描かれたホラー。引っ越したばかりの少年に贈られた人形が、高性能のAIによって機械を操り、人々を襲撃する。チャッキーの声を『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカー役でおなじみのマーク・ハミルが担当し、少年を『ライト/オフ』などのガブリエル・ベイトマンが演じる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

引っ越し直後で近所に友達がいない少年、アンディ(ガブリエル・ベイトマン)は、誕生日に母親(オーブリー・プラザ)からバディ人形をもらう。その人形は最先端テクノロジー企業・カスラン社の新商品で、音声認識やセンサー付きカメラなど高度な機能を備えていた。人形は“チャッキー”と名乗り、アンディに一番の親友だと話し掛ける。しかしこの人形は欠陥品だった。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2019 Orion Releasing LLC.  All Rights Reserved. CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.
(C)2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

「チャイルド・プレイ」秀逸な現代アレンジに少年との友情も。ジュブナイルホラーの秀作が誕生

 ※編集部注:以下、結末には触れていませんがややネタバレがあります

 現代的にアレンジしている、とだけ事前に聞いていたのだが「こうきたか!」と唸らされた。AIに魂は宿るのかというSF的問いかけと、テクノロジーに依存した現代人の弱点をかけ合わせた恐怖を作りだした上に、孤独な少年と殺人人形の切ない友情まで描いており、ジュブナイルものとしても秀逸だ。

 AI搭載人形である今回のチャッキー(製品名はバディ)は、学習機能ホームネットワーク制御の機能を搭載し、所有者の行動を解析して最適解を提供してくれる。まるで自分のことを心から理解してくれる理想的な友人のようだ。主人公はシングルマザーに育てられ、母の恋人に邪険にされている。チャッキーはこの孤独な少年の一番の理解者となってゆく。機械と人間の友情という、SFでは定番かつ使い古された設定も、ホラー映画で観ると新鮮だ。

 チャッキーは友情ゆえに、少年から殺意も学んでしまい、殺害の手法はホラー映画から学習する。本作もまたホラー映画であることを考えると皮肉が効いているなと思うが、高度に発達したAIが人間の脳と変わらないのなら、少年少女への悪影響を考慮して設けられた映画のレーティングはAIに対しても適用すべきかも? などと考えてしまう。しかも、今回のチャッキーは、お馴染みのナイフや包丁だけでなく、ホームネットワーク制御機能を活かした多彩な殺害方法を見せてくれる。そのどれもが、我々の生活で身近になりつつあるものばかりなのだ。テクノロジーの発達によって日々の生活の利便性は飛躍的に向上したが、その便利さによりかかりすぎている現代人にとって、リアルな恐怖が満載である。

 暴走するチャッキーを少年は止めなくてはならない。しかし、一度は親友となった間柄、友情と正義の板挟みに少年は苦悩する。そんな切ない葛藤も本作は内包する。

 怖い、可笑しい、そして切ない。今度の「チャイルド・プレイ」は多方向に感情を揺さぶる秀作だ。(杉本穂高)

映画.com(外部リンク)

2019年7月11日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ