ここから本文です

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男 (2018)

THE SPY GONE NORTH

監督
ユン・ジョンビン
  • みたいムービー 189
  • みたログ 472

4.10 / 評価:359件

祖国は一つ

  • からかす さん
  • 2021年6月30日 20時37分
  • 閲覧数 155
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

重厚なスパイものかつ政争ものでありつつ
エンターテイメント映画として一定の基準をクリアする。
これを出来るのがやはり韓国、
邦画とは一枚も二枚も上手と感じざるを得ない。

悲惨な現場を見て当然北側に正義はないけど
無茶苦茶な命令を下す南側にも当然正義はない。
北側の人間も南側の人間も理解していて
じゃあ何に従うべきか、何のために考えた時に
それぞれあの国一体となった祖国のために行動する姿。
ここをすごく丁寧に描いていて好感が持てる。

配役も絶妙でどの役者も大熱演。
この題材で邦画なら…実際には製作にもこぎつかないだろうけど
邦画で作るなら無駄に豪華キャスト、
男臭くなりすぎる覚悟もなく女優とかアイドル散りばめて
いつものブロッコリースタイルのポスターになっただろうね。
まあ事業家の面をつけた主人公が
頭に拳銃突きつけられて冷や汗一つかかないのはさすがに不自然。

ただ私自身が韓国・朝鮮の人間ではないので
南北間に根差す主張や対立や複雑な感情に理解が乏しい分
おそらく韓国・朝鮮の人間が観た方がより芯を食うのだろうと思慮。
このへんは「シュリ」や「JSA」を観た時と同じ感想。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ