ここから本文です

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド (2019)

ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD

監督
クエンティン・タランティーノ
  • みたいムービー 1,169
  • みたログ 4,801

3.68 / 評価:3,817件

退屈しない

  • ich***** さん
  • 2020年1月25日 4時31分
  • 閲覧数 1175
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

スターウォーズEP9を見た後だからでしょうか。すごく面白かったw
今退屈せず、それでいてぼんやり見てられる映画を作れるのはタランティーノくらいなんでしょうか?ハリウッド監督なのに、ハリウッドに毒されて無く、ハリウッド愛がある。
CGバリバリで、視点がぐるぐる回る映画に辟易してるので、こういった構図をビシッと決めて、クソみたいな手ブレ演出とかせずに、しっかりどっしりした画作りの映画を見るとホッとしますね。
実際の陰惨な事件を描いてるのに、評価が高いとはどういう事か?不謹慎と怒られないのか?などと思って見てみたらら、なんだ実話と違うじゃんwと。
殺人に来たとは言え女性をボッコボコに殴り殺すわ、ワン公はその凶暴性をいかんなく発揮するわ、しまいにゃ火炎放射器で焼き殺すわ、いや~スッキリしたw
別に女性が嫌いじゃないですよ。むしろ大好きですが、何かハリウッドって女子供に暴力を振るう描写とかタブーじゃないですか。タランティーノはそんなの知ったことかって姿勢がスカッとするんですよね。
なんというか、日本で言えば筒井康隆的なポジションに既にいるのかな。筒井康隆が差別用語やタブーに触れても「まあ筒井ならしょうがないかw」ですんでますからね。
女性相手に限らず、暴力は駄目ですが、これは映画。エンターテイメントですから。それを不快に思うのも自由。笑って見るのも自由。
ブラピは勿論ですが、いや~、ディカプリオは凄くいい味出してますね~。
落ち目の中年の役も完璧じゃないですか。タイタニックの頃、散々叩かれてたのが嘘のよう。今後も期待です。
ですが、パルプ・フィクション程は面白くは無かったので星4ですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不思議
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ