ホワイト・ボーイ・リック
3.1

/ 46

9%
22%
50%
9%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(7件)

悲しい25.0%絶望的25.0%切ない25.0%泣ける12.5%不思議12.5%

  • yok********

    3.0

    無知の怖さ

    ただただ、情けない。FBIもこれ以上のない狡さ。狡猾な誘いに乗ってしまう無知さ。救いのなさが実話ならではで教示的で面白かったです。

  • jef********

    3.0

    名作になりそこねた感じ

    面白い映画ではある。 父は銃のディーラー、姉は麻薬中毒と言う境遇の白人少年が、とある事からFBIに麻薬捜査の情報屋に誘われたことがきっかけとなり、黒人麻薬ギャングの世界にはまり込み人生を狂わせていく、事実に基づいたお話らしい。 家族境遇や黒人ギャング世界のギャップとか素材はどう料理するかによってはすごく名作になり得るはずなのに、意外と淡々と終わってしまった印象。 前振りが長すぎた感があり、FBIに(ある種)はめられ有罪(オチ)になっていく過程をあっさりとさせ過ぎた等々基本的には脚本が悪いのだろう。 それにしても、配役は完璧。父親役のマシュー・マコノヒーや主人公の少年役は完璧だし、特に姉役のベル・パウリーは小役ながらインパクトある存在感でとても印象的です。他の映画も見たくなりました。

  • oce********

    3.0

    17歳の麻薬王

    14歳にFBIに見初められウェルシュ・Jrは麻薬の情報屋に転身する。 だがウェルシュは深く入りすぎ、次第に自身の地位が上昇していく。 潜入捜査ものだが、その対象が少年なのでかなり同情的に映る。 実話ものということもあり、脚色しづらい箇所が見て取れる。 どんどんとのし上がる中で報復にも遭うし、結婚までする。 だがこの手のものは最後には終わる運命にある。 後日談も含めて、こういう人物がいたという確認のようだった。

  • skb********

    5.0

    ネタバレアメリカの犯罪に一考の余地と親子愛

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kos********

    3.0

    かわいそうな少年

    周りや家庭の環境で14歳でFBIに売人させられて、結果ムショにぶちこまれたのが可哀そうだった。悪いことしなければいいだけのことでも、ああいう環境では仕方ないと思う。そもそも見た感じ「麻薬王!」っていう感じの規模ではなかったし。 おじいちゃんが「まだこの子は17歳やぞ!人生を奪うなー」みたいなこと言ってて悲しくなった。 こういうの観ると、家庭とか周りの環境によって犯罪を犯してしまうのも仕方なさそうで、少年法はやっぱり必要かなと思った。ただそれを悪用したような事件もあるのでほんとにムズカシイねー

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


マシュー・マコノヒーリチャード・ウェルシュ・シニア
リッチー・メリットリチャード・ウェルシュ・ジュニア
ベル・パウリードーン・ウェルシュ
ジェニファー・ジェイソン・リーFBIエージェント スナイダー
ブルース・ダーングランパ レイ・ウェルシュ
パイパー・ローリーグランマ ヴァーナ・ウェルシュ
ロリー・コクレインFBIエージェント バード
RJ・サイラーブー・カリー
ジョナサン・メジャースジョニー・カリー
エディ・マーサンアート・デリック
テイラー・ペイジキャシー・ヴォルサン=カリー

基本情報


タイトル
ホワイト・ボーイ・リック

原題
WHITE BOY RICK

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル