ここから本文です

上映中

魔女見習いをさがして (2020)

LOOKING FOR MAGICAL DOREMI

監督
佐藤順一
鎌谷悠
  • みたいムービー 106
  • みたログ 400

3.70 / 評価:358件

90分まるっと「おジャ魔女どれみ」

  • tnw***** さん
  • 2020年12月1日 17時37分
  • 閲覧数 623
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

いきなり余談ですが、『鬼滅の刃 無限列車編』と同じ日に鑑賞しました。
どちらも素晴らしい作品でしたが、流した涙の量は圧倒的にこちらの方が多かったです。

この映画が公開されると聞いてから、久しぶりにおジャ魔女を見返しています。現在『♯』の中盤あたりまで来ましたが、この映画はまさしくおジャ魔女どれみの続編といえる出来でした。絵のタッチや滑らかさなどは2020年モノですが、キャラの動き・表情・SE・BGM・ノリなどは当時のあのままです。

今回の物語の主役はどれみちゃん達ではなく、彼女たちを愛したTVの前の我々です。
おジャ魔女どれみは小学生が体験する学校でのリアルを丁寧に描くことに定評がありますが、この映画では大人になった私たちの社会のリアルを見事に表現しています。

仕事・恋愛・友情、そして他人に踏み入って欲しくない複雑な事情。
人生で何かに挫折した方々にはこの映画での出来事が矢のようにハートに突き刺さることでしょう。

私自身、現在仕事の面で大きな変化に直面しており、それに付き纏う不安や好奇心がミレの言動と重なって深く感情移入してしまいました。

プロデューサーの関氏は「どれみたちを主人公にはしないが、観終わったお客さんにはこれぞ『どれみ』の映画だと思ってもらえるようにしたかった」と仰っていましたが、その思いは今作を観ればしかと受け止められるはず。

これは正しく『おジャ魔女どれみ』を愛している人たちが創った映画です。おジャ魔女シリーズを観ていたリアタイ世代、子供たちと一緒に観ていた親世代、後から観始めた新参ファン…一度でもどれみの魅力に惹かれたことがあるのなら、ぜひ映画館に足を運ぶことをお薦めします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ