ここから本文です

HUMAN LOST 人間失格 (2019)

監督
木崎文智
  • みたいムービー 77
  • みたログ 251

2.59 / 評価:208件

亜人とかサイコパスを思い出しつつ…

  • movie109 さん
  • 2019年12月20日 12時38分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

久しぶりに質の高そうなジャパニメーションかなと期待してました。
予告は観たことなかったんだけど、そっか、ベースは太宰治の「人間失格」なのか・・・
文学に疎いので、太宰治とか「人間失格」と聞いただけで敷居の高さを感じる。そして暗そうなイメージ先行で、楽しそうな気がまったくしない。
という理由で、少し前に後悔された小栗旬の「人間失格」もスルーした。

そんな妄想めいた心配をしつつの鑑賞となったわけだが、「人間失格」をよく知らないだけに無駄な心配だったって感じかなぁ。
まぁ、冒頭、主人公の葉蔵が自暴自棄で、自殺めいたことをしてるってのは、あぁ、「人間失格」だか太宰だなぁ~・・・とは思った。
けど、そのあとはフツーにSFアニメだったな。

フツーにどころかクオリティは高いと思った。
そうだな、描写や世界観はちょっと「サイコパス」を思い出させるものがあった。
人の健康が“SHELL”という組織によってネットワーク管理されているという世界だ。
貧富の差とか、もうちょい世界観の説明は欲しいかなとは思った。
そして、管理体制の中のイレギュラー・・・、何て言ったかな、レプリカント?という存在に焦点を当てて進行していく。

ここもなんとなく「亜人」を思い出したよ。
作画も「亜人」とかと同じだよね??
三つ巴くらいになるとより複雑で面白くなったかなとも思うが、中盤までは葉蔵の揺れ動く立場とか駆け引きが面白かった。
まぁ、抽象的な表現も多くて分かりにくいとこもあったけどね。ナントか曲線とか。

ただ、ラスト、クライマックスは大味かなぁ~~
結局、怪獣映画みたいになっちゃってんじゃん!!
葉蔵も自画像を想像させる姿になり、まるで安いダークヒーローだ。
美子、かわいそうだった。。
世界の破滅は免れたのか、世界は変わったのか・・・手ごたえもあまりないラストだったなぁ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ