レビュー一覧に戻る
ロケットマン
2019年8月23日公開

ロケットマン

ROCKETMAN

PG121212019年8月23日公開

エル・オレンス

5.0

ネタバレジェイミー・ベルがとても良かった。

製作総指揮にエルトン・ジョン御本人(!)が名を連ねているだけに、プレッシャーは相当なものであったはず。そんな中、御本人が乗り移っているレベルの素晴らしい演技力&歌唱力を披露したタロン・エガートンを大拍手で称えたいです!(以前、『SING』(2016)でもエルトンの歌を上手に歌っていたので、元々太鼓判を押されていたのかな) そして、エルトンの生涯の相棒で知られるバーニー・トーピン役が、あの『リトル・ダンサー』(2000)のジェイミー・ベルなのも本当にびっくり!(エンドロールのクレジットもT・エガートンの次だし) J・ベルがとても好きなだけに、この配役は本当に嬉しかったし、とてもハマってて良かったです! 『I’m Still Standing』でラストを締めくくってくれたのも、この曲が一番好きな自分としては超嬉しかったです♪ エルトンの曲は好きなものの、彼の生い立ちや今までの境遇についてほとんど知識が無かっただけに、本作の半生ドラマは驚きの連続でした・・ 公開当時は、あの『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)と比較されまくり色々言われていた本作ですが、個人的にはこちらも引けを取らない素晴らしいクオリティだし、娯楽映画としても完成度が高い1本だと思います。 日本では、CM曲に起用されまくっているクイーンに比べると、知名度がそこまでなエルトンですが、この映画を機に、彼の素晴らしい楽曲がもっともっとCM等で起用されてより知られ愛されたらいいなと思います! ================================ ★2019年アカデミー賞 歌曲賞受賞 ★2019年ゴールデングローブ賞【ミュージカル/コメディ】 2部門受賞  (※作品賞ノミネート) 主演男優賞(タロン・エガートン)、主題歌賞

閲覧数951