2019年9月6日公開

帰れない二人

江湖儿女/ASH IS PUREST WHITE

1352019年9月6日公開
帰れない二人
3.5

/ 60

20%
28%
38%
8%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

中国山西省大同で暮らすチャオ(チャオ・タオ)は、裏社会の人間ビン(リャオ・ファン)の恋人だった。ある日彼女は、組織のメンバーに襲撃されたビンを助けるためにとっさに銃を撃つ。チャオは服役することになり、5年の刑期を終えた後、ビンを捜して長江に行く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(12件)

切ない28.6%ロマンチック17.9%悲しい14.3%泣ける10.7%絶望的10.7%

  • pag********

    4.0

    味わい深くはあるが

    ヤクザ場面が長い。ヤクザなんて世界中みな一緒だから、あんなに丁寧に描かなくてもわかる。愛の旅路がなかなか始まらず、映画を間違えたかと思った。女に身代りをさせてしまったら、男は負い目で愛には戻れない。女にはそれがわからない。普遍的な感情を激変する中国に重ねて描いた秀作。演技のレベルは高く、選曲もすばらしい。 ※「帰れない二人」 ってどこかで聞いたことがあると思ったら,井上陽水の曲のタイトルだった。原題はなぜか 「湖水の子供たち」。私は英語題 「灰は純白」 がいいと思う。

  • 柚子

    2.0

    ヤクザ

    この監督の『山河ノスタルジア』は、すごく魅かれたんですが、本作は、イマイチ乗りきれず… 男女の痴情の縺れみたいな 別れても好きな人~♪って感じなのか こういう男女の仲は、自分の経験不足?ゆえに、よくわからないなぁ このタイプの男って、自業自得だし、同情できない 女の心理も、よくわからない ひたすら長ーーーーく感じました 最初に出てくる、中国のディスコで、YMCA~♪ノリノリダンスは、面白かった 山河ノスタルジアの~♪go west~タイプの作品を期待して、失敗したという感じ(^_^;)

  • nic********

    3.0

    ネタバレメロドラマの皮を被った現代中国社会の陰画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mai********

    4.0

    生き方

    変わりゆく時代の中で、どのように生きるか。 あまりにも変化が早すぎて 一度躓いてしまうと遥か彼方に置いて行かれてしまうような社会の中で 1組の男女がどのように生きていたかを追いかける。 男ってこういう時にどうしてダメなんだろうか? 女ってこういう時に物凄い地力を発揮するのでしょうか? 生きるという事にどれだけ執着できているのか? 生き方を変えなきゃいけないとかイロイロに考えすぎたりしてしまうのか? とにかく、走れている時には男ってその突破力で突き進めるけれど 一度突き抜けられない壁にぶち当たった時に生き方がわからなくなってしまうような存在なのかもしれません。 もちろん全てが全てそうではないでしょう。 でも、一度躓いてからの再起となると 男の方がバイタリティが足りないのは邦洋関係なく映画の中では似たように描かれるように思います。 女のほうのが生き抜くことに執着できてて、地を這ってでもという覚悟ができるのか? 理由はもっと簡単で『ちゃんと毎日食べられるようにならないと』という思いからなのかもしれませんし… 今自分が躓いたら(例えば職を失うとか)再起するのにどれだけの不安や恐怖があるかと思ってしまうから、その辺りに作品から生き方を感じるのかなと思います。 キレイに生きたいと願う男と 泥くさくても生きてやると思う女と 2人の対比が淡々と描かれていて、感じ入る作品でした。

  • azu********

    4.0

    帰れない?戻れない?

    スクリーンで広大な景色を旅したくて、この手の映画を久しぶりに観に行きました。なので大した期待はしてませんでしたが、好みの中国映画でした。 男女のこういう事って世の常… 共感できれば深く、経験がなれれば、淡々と浅い映画になると思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


シュー・ジェンカラマイから来た男
ディアオ・イーナンリン・ジャードン
チャン・イーバイレストランでチャオが最初に声を掛ける男性客

基本情報


タイトル
帰れない二人

原題
江湖儿女/ASH IS PUREST WHITE

上映時間

製作国
中国/フランス

製作年度

公開日