ここから本文です

帰れない二人 (2018)

江湖儿女/ASH IS PUREST WHITE

監督
ジャ・ジャンクー
  • みたいムービー 50
  • みたログ 74

3.55 / 評価:47件

一口寸評

  • nn1***** さん
  • 2019年9月30日 13時36分
  • 閲覧数 589
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

老け具合も魅力的なチャオ・タオは、相変わらず監督のミューズだった。
監督の2作目『プラットホーム』(00)で馴れ初め、現在は配偶者でもある彼女が今作もヒロインをつとめる。
裏社会の男ビン(リャオ・ファン)の愛人チャオ(チャオ・タオ)は、惚れた男にとことん尽くす姉御肌の女。
01年、敵対組織に襲われたビンを銃で守り5年の服役後、行方知らずになった彼を探す旅に出るが…。
激動する21世紀初頭の中国を背景に、17年間の男女の軌跡を辿る。
それは、監督とチャオ・タオの長い旅路でもあった。
二人が渡世人だからこそ、時代に取り残されてしまったという想いがより痛切なのだろう。
愛や義理人情が儚くなっていく様を、硬質なユーモアで包み込んだナラティブが秀逸だ。
ラストの映像処理も心憎い。
観た直後にはそれほどでもなかったのに、お祓いのための火を渡る儀式など、後から思い出すほど切なく感じられたのである。
評価は4.5★。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ