ここから本文です

上映中

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん (2019)

監督
野口照夫
山本清史
  • みたいムービー 307
  • みたログ 979

4.34 / 評価:850件

ゲームを扱った映画としては新しい切り口

  • aruto_k711 さん
  • 2019年7月19日 12時43分
  • 閲覧数 620
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作ともドラマ版とも異なり、基本的には題材のゲームを知らなくても問題なく楽しめる作品。
ゲームを扱った作品は、どうしてもそのゲームの中身をどれだけ反映させるか?にポイントを置きがちなのがけど、本作はあえてそのゲームの細かい部分を省いてドラマに焦点を当てた所が良かった。
日本では、かつては単なる害悪でしかなかったゲームが一般化して当たり前の存在になり、さらには新たなコミュニケーションツールとしての側面を持った時、かつてゲームをやった親子の絆が、再びゲームを通してどのように結び直されるのかが見所でもあるように思います。
原作やドラマ版とは異なり新たにに追加された妹の存在は、一般的な作品だと余計な要素になることも多いのに、本作では無くてはならないポジションに収まっているのも面白い。
本作はそのまま見ても楽しめ、以前のドラマ版や原作と見比べても楽しい作品に仕上がっています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ