2019年8月9日公開

カーライル ニューヨークが恋したホテル

ALWAYS AT THE CARLYLE

922019年8月9日公開
カーライル ニューヨークが恋したホテル
3.1

/ 59

15%
20%
36%
17%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • rai********

    3.0

    とにかくいっぱいセレブが出てくる

    マディソンアベニュー×E76、セントラルパークの東側、ミュージアムマイルの近くにそびえたつカーライルホテルのドキュメンタリー。ホテルそのものよりも、なぜカーライルが愛されるのか、有名・無名の常連客(なぜかまだ泊ったことない客も)や従業員へのインタビューを通じて明らかにしようとする… …が、ここに泊まってみたいなぁ!という感覚はあまりわいてこなかった。一瞬、高層階からのセントラルパークの眺めがちらっと見えたときは、いいなぁ、と思ったけど。 日本のホテルだったら、おもてなしの心で、となるのだろう。もちろん枕カバーに宿泊客のイニシャルを刺繍したり、1人1人のことを覚えていたりするのはおもてなしと言えるのだろうけど、それとは違う何かがあるんだろう。セレブにとっては、秘密を守ってくれることもあるらしいが、それだけでもないだろう。ハードやソフトだけでは表せない何か、伝統と古さ、ステータスを得た者だけが集うサロンとしての雰囲気。 引退することになったスタッフのひとりが、昔のニューヨーカーは尊厳を保っていたのに、今の人たちはそういう格好をしていない、と言い残す。観光客や長期滞在者ばかりで、地元という意識が薄れているのかもしれない。でも、年とって嘆いているだけにも聞こえる。インタビュアーがまとめている通り、変わるものも変わらないものもあるはず。コロナにもうまく適応してこれからも愛される…のだろうか。 ホテル名のカーライルは、創業者の娘さん?か誰かがスコットランドの歴史家トーマス・カーライルをよく読んでいたからとのこと。 オフブロードウェイで共演していた二人が、一方はブルース・ウィリスとして宿泊客になり、もう一方はエレベーター係になり、再会したという話は、面白くもあり、人生の厳しさをも感じる。 スタッフの一番人気はジョージクルーニー。マイケルジャクソン、ダイアナ妃、スティーブジョブズの3人が同じエレベータってすごい!ここのカフェで演奏するのが夢と語るレニークラヴィッツと、ビリージョエルの娘さんAlexa Ray Joel。とにかくたくさんの有名人が出てくるので、彼らの話を気軽に聞いて楽しむ感じでどうぞ。

  • drm********

    3.0

    楽しい

    楽しい雰囲気だけは十二分に伝わった。 皆、陽気でキャラクターのあるホテルの従業員。 お高いのだろうけど、ここに泊まったらきっと満足できる一夜を過ごせるんだろうな。 一生に一度でよいから行ってみたいかも。 口が固いと言いながら色々話してる様も楽しい。 信頼の上で成り立っていることも伝わってきた。 ドキュメントの手法に目新しさがなく、ホテルを取り巻く人たちに頼り切っているのが残念。

  • spa********

    3.0

    なんだかんだで魅力的

    退屈するかなーと思っていたけど、なんだか最後まで飽きずに楽しく見られました。

  • ma2********

    5.0

    ホテル~etc好きなら必見の映画です

    なんだか大方の評点が低かったので、応援したくて PCに向かっています 断じて言います! ホテル好き、旅好き、NY好き、ジャズ好き、W・アレン好き、えーとそれから、ジョージ・クルーニーが好き人なら、必見の映画です! そして、見たら、必ずやNYに行って、カーライルに行こう!(高くてたとえ泊まれなくても)、それをつつましい人生のささやかな希望に(失礼!m(__)m)しよう、と心に深く決意するはずです!

  • yrh********

    4.0

    私たちが自慢されたいニューヨーク

    名門カーライルホテルの逸話を、ホテル従業員や常連客たちが語る。しかしこれはホテル紹介ではない。ニューヨークの社交界と人間模様の歴史語りとなっている。 お客さんたちが凄い。セレブだらけで、並みのハリウッドスターだとモブに見えてくるくらい。なんたって英国王室御用達なのだ。 ダイアナ妃とマイケル・ジャクソンとスティーブ・ジョブスがエレベーターに乗り合わせた話。流石のホテルマンも淡々と接しつつも内心はミーハー心が大騒ぎだったろう。 守秘義務があるので、宿泊客に関するエピソードは基本的に当たり障りのない話、あるいは良い話しかできない。その中にあってトランプ大統領の話はやっぱりトランプらしいエピソードで笑った(まぁ軽いチクっとした噂程度だけど)。 一流の客は従業員一人一人に対しても親切でフレンドリーだと言う。威張ったり尊大に振舞ったりしないのだそう。品があり、かつ肩の力が抜けている。 従業員のロイヤリティが高くて、皆んな定年までここで働きたいと言う。勤続何十年のベテランも多く、彼ら自身がホテルの魅力となっている。 中でも、カフェ・カーライルでのライブ演奏がとても素敵だった。狭いライブレストランで、手が届くような距離で一流ミュージシャンの演奏が楽しめる。 レニー・クラヴィッツが幼少時に近所に住んでいて、両親と音楽を聞きにきていたと言う(良いとこの坊ちゃんだな)。まだ早いけれど、いつかここで演奏したいよ、と。こんな歴史ある洒落たカフェで初老になったレニクラの弾き語りが聴けたら最高だろう。 素敵だな、泊まりたいなと思うが、選ばれし人々のための社交場という感じで、一般の観光客がキョロキョロ行くところではないような気がする。他所者が憧れる、いわば「自慢されたいニューヨーク社交界」がそこにある。 いつか手入れされた白髪に赤い口紅の似合うエレガントな老婦人になれたら泊まってみたいと思った。まずお金かかりそうだけど。

  • cao********

    3.0

    魅力が、伝わらない(笑)

    インタビューする人が長い…(笑) 映画なんだから…ビジュアル的に ホテルの館内をもっと工夫してみせてくれれば良いのに…似たようなコメントをさんざん聞くより…知らない常連客の声を聞くより…ホテルの魅力を伝えてほしかった 音楽は、良いのになぁ〜もったいない(笑)

  • ham********

    2.0

    自分とは何の関係もない話

    あぁ、さいですか。といった映画。 泊まったセレブの自慢話と言うかなんと言うか、、、。 芸能人御用達のホテル的なホテルをミーハーのように崇め奉る内容。 二回眠気におそわれました。 ホテルとしての仕事の見事さに焦点を当ててあるならまだしも、一般人は誰も関係のない世界を懐かしがられてもねぇ。 自己満足の世界でした。 はいはい、よかったね。

  • fiv********

    4.0

    最後まで飽きずに観られる!

    これは、ニューヨークのセレブ御用達のカーライルホテルのドキュメント。 とにかく、常連の宿泊客は超一流ばかりだから普段のエピソードだけで十分ドラマになる。 そして、ここに宿泊する事が成功の証と言う事なのだろう。 驚きは、古いホテルだから車道から直接宿泊が出入りする。 だから、その間の歩道はパパラッチと報道関係者がごった返す。 また、宿泊者もステータスの披露の場となり、そこはさながらファッションショウである。 その他、とても一般人が足を踏み入れる事の出来ない超高級ホテルの内部も紹介されており飽きずに最後まで楽しめるドキュメンタリー映画である。

1 ページ/1 ページ中