ここから本文です

酔うと化け物になる父がつらい (2019)

監督
片桐健滋
  • みたいムービー 50
  • みたログ 77

3.44 / 評価:57件

解説

アルコール依存症の父とその家族を赤裸々に描いたコミックエッセイを、松本穂香と渋川清彦主演で映画化。アルコールに溺れる父と、新興宗教にのめり込む母に悩みながら生きる娘の姿を映し出す。娘を松本、父親を渋川が演じるほか、今泉佑唯、オダギリジョー、浜野謙太、ともさかりえらが共演する。監督を『ルームロンダリング』などの片桐健滋が務める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

田所サキ(松本穂香)の父親トシフミ(渋川清彦)は無口で小心者だが酒に酔うと化け物のように変わり、母親(ともさかりえ)は新興宗教にはまっていた。そんな家庭で育ったサキは心を閉ざすようになるが、明るい妹や親友に支えられながら、家庭の崩壊を漫画に描くことで笑い話にしていた。ある日、父に病気が見つかる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ