2019年5月10日公開

オーヴァーロード

OVERLORD

R15+1102019年5月10日公開
オーヴァーロード
3.6

/ 638

17%
38%
32%
8%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

第2次世界大戦中の1944年6月、侵攻作戦の要となるアメリカ軍の落下傘部隊が、ナチス占領下のフランスに送り込まれる。戦闘を潜り抜け生き延びた兵士たちは、ナチスの要塞と化した教会の塔にたどり着くが、地下の研究施設でこれまで出会ったことのない敵と遭遇する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(134件)

不気味21.3%恐怖19.1%勇敢13.4%パニック10.9%絶望的6.5%

  • mkk********

    4.0

    前半はしっかりとした戦争映画 後半はゾンビホラーに

    全体的にみるとゾンビ×戦争映画。 こういう時にありがちなのが戦争描写がおざなりになっているというパターンだ。 しかしこの映画は戦争描写が中途半端なものになっておらず、全力で製作側のこれでもかという気持ちが放出されている。 それは開幕から現れており、あまりもの力のはいりように驚くことだろう。 中盤のゾンビが出てくるまで、戦争映画のソレを見せつけられる。ゾンビといっても、大量にうじゃうじゃ出てくるものではなく、数は数えきれるくらいだ。 このゾンビというのが、ナチスの実験で産まれたものであり、ここからゾンビ要素が全面に出てきてジャンル交代といった感じになっている。 ラストの人外ゾンビ同士のバトルも面白く、最期まで正義を貫くフォード伍長に涙。 全体を鑑みても、バランスは非常によく、二つの要素をひとつの映画で楽しめる旨い映画だ。

  • tyo********

    3.0

    ネタバレやや変化球ぎみ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • TONBO

    4.0

    十分楽しめました。

    爆撃,銃撃,戦闘機や不運にも巻き込まれた人々の人間ドラマが秀でていた映画でした。戦争映画が見たいのではなく、男たちの生き様や人間ドラマや怪物が見たい人におすすめです。最初はイケ好かない連中ばかりで憎たらしいなと思っていた兵士たちも、死を目前にするとお互いを助け合ったりして泣けました。罪のない人を必死で助ける姿や自分の身を呈してかばう姿は素晴らしいです。現実の歴史の中で未だに謎めいている部分にSF要素ってとても合う気がします。人にオススメしたい作品でした。

  • rol********

    3.0

    子供と女が映画の邪魔な存在で残念

    ストーリー、映像いずれも良好。 SFホラーやパニック系好きはハマる作品。見て損なし。 表題の通り、登場人物の女と子供がとにかく邪魔。子供は作戦の邪魔をやたらすくわ、女はヒステリックで衝動的だわで残念。それがなければ評価4以上。

  • yap********

    3.0

    見応えあり

    ゾンビ物ではあるが、ゾンビとの戦いよりも戦争物の方が強めの作品。なんでゾンビは少なめ。ストーリーもよく楽しめる

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
オーヴァーロード

原題
OVERLORD

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日