2019年10月11日公開

空の青さを知る人よ

1082019年10月11日公開
空の青さを知る人よ
3.9

/ 1,615

42%
29%
16%
6%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ミュージシャン志望で17歳の高校生・相生あおいは、両親を亡くして以来、恋人との上京を断念し親代わりに自分を育ててきた姉のあかねに負い目を感じていた。あるとき、あかねの元恋人で上京してから音信不通になっていた金室慎之介が、音楽祭のために町へ戻ってくる。同じころ、13年前の過去から時間を超えてきた18歳の慎之介・しんのがあおいの前に現れる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(340件)

切ない14.8%泣ける14.7%ファンタジー13.6%楽しい9.2%かわいい8.5%

  • tak

    4.0

    大人になって観なおして。きっと響きが変わるから。

    映画でもアニメでも「泣ける」という宣伝文句や感想が嫌いだ。それはほめ言葉でもなんでもない。観る側の勝手だ。泣きたきゃ泣けばいいし、冷めた視線を貫きたければそうすればいい。だけど"泣ける=優れた感動作"という図式を世間は求めたがる。どこがどうよかったのかも述べずに「泣ける」ひと言で売りたがる輩がほんっと嫌いだ。どこで泣けるかなんて人それぞれだもん。僕なんか、オス犬が海を渡ってメス犬に会いに行く「マリリンに逢いたい」の予告編だけで泣いたぞ(笑)いいじゃん、何で泣いたって。 それにつけても、長井龍雪作品、岡田麿里脚本の作品にはほんっと泣かされる。「あの花」は毎回ティッシュが手放せなかったし、「鉄血のオルフェンズ」もモビルスーツの激しいバトルを見ながら胸が潰されるような気持ちになっていた。この「空の青さを知る人よ」は、基本青春映画だからきっとそんなことは…とたかを括っていた自分を反省。このコンビの映像作品で毎回胸が苦しくなるのは、きっと観ている自分が"大人"だから。 高校時代の姉が付き合っていた慎之介に憧れていた葵。そんな彼女の前に、当時と同じ姿の"しんの"が現れた。そして夢を追って東京に出た現在の彼も、葵と姉あかねの前に現れる。不思議な四角(三角?)関係が展開される。 しかし話はそう簡単ではない。葵と同じ10代でこの映画を観たら、きっとファンタジー描写や強がりな葵の真っ直ぐさに感動できることだろう。でも、大人目線で観るとハッとさせられる場面がいくつもある。東京に行かないというあかねの選択。葵はそれを自分が姉を縛りつけたからだと信じている。でも地元の市役所で働く彼女が、何故その道を選んだのか。卒業アルバムにあかねが書いたひと言、 「井の中の蛙大海を知らず。されど空の青さを知る。」 その言葉が彼女が進路を決めた答えであり、それが後半の伏線になっているのが見事。 「違う曲を歌って欲しいんだけどな」 あかねが慎之介にその曲名を言う場面で涙腺決壊。思わず一時停止ボタンを押して呼吸を整えた。映画館で観てたら「あっ!」て声出してたかも(恥)。いや、それもよかったな。 東京に行けば、大人になれば夢が叶うかもという10代の気持ちを、ゴダイゴの名曲「ガンダーラ」を引用して表現するのはうまい。若い世代なら歌詞をそのまま受け取るだろうけど、いまさら青春映画なんてね…と言いがちな僕ら世代はそのノスタルジーで心を掴まれて、葵やしんのが口にする10代の気持ちを受け止められる心の準備が整っていく。 「あの頃なりたいと思ってた大人になってんのかよ!」 このひと言は、大人にこそ噛み締めて欲しい。10代でこの映画を観たならば、大人になってもう一度観て欲しい。きっと響きが変わるから。 あいみょんのタイトル曲、エンドクレジットで流れるキャラクターの名前を冠した曲が素晴らしくって。しんのが呪縛から解放されててからのファンタジックな場面と展開に、「あー、今どきのアニメになったな」と意地悪な気持ちになってるくせに、サビの歌詞が胸に突き刺さって気づいたら泣いていた。 いいじゃん、何で泣いたって。

  • つっちー

    5.0

    観て本当に良かったです!!

    普段あまりアニメの映画は観ないのですが、評価が高いので観てみました。 涙も出たし、観て本当に良かったです! 文句なしの星5で!!

  • sb5********

    2.0

    ネタバレ作画が凄く良かったので諸々の散漫さが残念

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ann********

    5.0

    久々に見てよかった思える映画だと思える

    評価悪い人の指摘は最もだけど 他の有名アニメ映画監督作品の演出や音楽で展開進める対して、 一つの物語として進めるから指摘部分感じても受け入れられて 見てて良ったと感じられた。 ただ気になったのはどこでどの曲使ってたの? 溶け込み過ぎて印象が薄かったので曲名は知りたいかなと感じましたね。 私自身映画結構酷評するほうだけど 確かに他の代表作の完成度高さに負けてるとは感じましたが 素直にここまでの完成度なら正直文句の一つも出ません。 凄く良かったです。

  • tak********

    3.0

    ネタバレ星2.5

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


吉沢亮金室慎之介/しんの
吉岡里帆相生あかね
若山詩音相生あおい
松平健新渡戸団吉
落合福嗣中村正道
大地葉中村正嗣
種崎敦美大滝千佳
土田大新渡戸バンド キーボード
木島隆一新渡戸バンド ベース
小林親弘新渡戸バンド ドラマ
杉崎亮新渡戸バンド トロンボーン
前田弘喜新渡戸バンド サックス
江越彬紀マネージャー
貫井柚佳あかねの同僚

基本情報


タイトル
空の青さを知る人よ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル