ここから本文です

空の青さを知る人よ (2019)

監督
長井龍雪
  • みたいムービー 378
  • みたログ 1,678

4.00 / 評価:1435件

青春ファンタジーアニメの新しい傑作。

  • hik***** さん
  • 2020年9月15日 10時17分
  • 閲覧数 498
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「さよならの朝に約束の花を飾ろう」が今一つだったので、シナリオライターが本作と同じだったため期待しておらず、自分の中でブルーレイスルーを決めました。
結論から言うと、それは大きな選択ミスでした。
こんな素敵な作品を、どうして劇場で観なかったのか後悔しております。

良かったですね。
監督の長井氏の作品ですと「あの花〜」が有名ですが、本作の方が肌に合ったかもしれません。
ストーリーの荒唐無稽はどうしても否めませんが、観ている内にだんだん気にならなくなってきました。
とても不器用な四人の登場人物らによる、四者四様の青春恋愛ストーリー。
我武者羅ながらも真っ直ぐに己の現実と向き合っていく様を、エモーショナルに描いています。

クライマックスの唐突さには、もしかしたら興醒めしてしまった人もいるかもしれませんが、
あの雑ながらも勢いの良い感じが、如何にも不器用な人間たちの青春を表していいるようで、なんなら寧ろ、その雑さすらも見ていて気持ちがいいと思えましたね。
そもそも映画作品なので、あれくらいのダイナミックな外連味(けれんみ)があっても良いと思います。

一つ引っかかるのは、元も子もない事を言うようですが、これは寧ろTVアニメシリーズでやっても良かったのでは、とも思いました。
映画だと、どうしても駆け足になってしまう所があるのが勿体ないです。例えば慎之介とあおいの絡みなど。
特に本作のように幾人の登場人物の想いが錯綜する内容の作品は、もっと時間をたっぷり使って描いて欲しかったです。


また、本作では声優は芸能人を起用しています。
これだけで難色を示す方もいるかもしれませんが、少なくとも本作に限ってはその食わず嫌いは勿体ないです。

まず、吉沢亮さんには驚かされました。
硬質な響きのある声と、荒削りな演技は賛否が分かれるかもしれませんが、寧ろ私はそれこそが役柄にドンピシャだと感じました。
一人二人という難しい役どころを見事に熱演されていたと思います。なによりも、これでアニメ声優は初挑戦と言うのだから魂消(たまげ)ます。

若山詩音さんの瑞々しい演技も素晴らしかったですね。
本職の声優顔負け…とまで言うと言い過ぎかもしれませんが、実に堂に入った演技だったと思います。

強いて言うと吉岡里帆さんが少し引っかかりました。
あの柔らかみのある声質は役柄にぴったりでしたが、少し演技が平坦過ぎたようにも感じました。



実は本作の公開初日は、ちょうど大型台風が日本を直撃というバッドタイミングに見舞われてしまい、
更にロングランしていた「天気の子」や、日本でも結果的に記録的ヒットとなった「ジョーカー」に話題を食われてしまい、今ひとつパッとしていない感があるのが実に遺憾です。

本当に素晴らしい作品だったので、テレビ放送などで、もっと知名度が上がってくれる事を期待したいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 不思議
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ