ここから本文です

空の青さを知る人よ (2019)

監督
長井龍雪
  • みたいムービー 372
  • みたログ 1,829

3.97 / 評価:1549件

見て損はない。今年見た中で1番面白かった

  • 雉間 さん
  • 2021年3月24日 21時53分
  • 閲覧数 619
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

三峰神社の御守り(それも月に1日しか販売されない白)が車内に登場した。
思えば私が三峰神社に行ったのは7歳の時だ。仙台から父が運転する車で、かれこれ8時間以上を使い、秘境ともいえる三峰神社に行った。父は眠い目を擦り、徹夜で運転していたのを覚えてる。山道は車で出来た長蛇の列。それを私は後部座席の窓ガラスからぼんやりと見ていた。蜘蛛が繋ぐ糸ほどにゆっくりと回るタイヤをお尻で感じながら。
止まっては進み、進みは止まる……。
その法則性のない振動を淹れたてのコーヒーの湯気ほどに気にしては「早くつかないかな」と思ったりしていた。
そんな中でも助手席の母は上機嫌。何せ休日にも関わらずそこに行きたいと言い出した張本人なのだから。
助手席の母はしきりに私の方を振り返っては、「これから行く神社はね、願い事が叶うんだよ」なんて言ったのを覚えてる。当時の私は暇さえあれば家でテレビゲームをしていた考えの貧しい子供だった。だから母としては外に連れ出したかったのかもしれない。渋滞で陰々滅々とした車内を盛り上げるためなのか騒がしい母を横目に「早く帰りたい」と思っていた。

渋滞を抜け、ついた三峰神社は私の乏しい語彙力ではどうも表現できないほどに神々しかったのを覚えてる。そんな三峰神社を前に母は「ほらね、来てよかったでしょ?」なんて言うものだから私の天の邪鬼は加速していった。
私が今欲しいのは家族との思い出やコミュニケーションではなく一人の時間だ。まったく、なんて鬱陶しいのだろう。そうした流れがあったからか、私は参拝時「早く1人になりたい」と願ったのだ。今思ってもわざわざ遠出してまで何てもったいないお願いをしたのだと後悔するのだが。

この映画はぜひとも夢を追う若者に見て欲しい。それも家の家業を継ぐ人や公務員を目指す人ではなく、上京を考えていたり、無難な道ではなく挑戦しようとしている中高生に。
好きなことで成功するとは限らない。それをわかっていながらもいざ挑戦すると「あの時の考えは正しかったのかな……」なんて一人虚無に落ちる。今まさに自分もその状況だからこそ、胸に響くものがあった。

映画に賛否は付き物。絶賛する人がいれば批判する人もいる。そんな漠然とした存在だとわかっていても、私はぜひともこの映画をすすめたい。

人はいつまで経っても後悔する生き物。
このレビューを見て、見ようか迷っているならぜひ見て欲しい。
特にあなたが挑戦者であるのなら、きっと後悔はしないから。

【ひと言】
帰りの道中、父が運転する車が横転し、私だけが助かった……なんていったい誰が信じてくれるだろうか。

【参考】
★★★★★…すごく面白い。
数年後にもう一度見たくなる。オチ、ストーリーがわかっていても見たくなるレベル。
★★★★☆…面白い。
良い時間を過ごしたなと思える。友達におすすめできるレベル。
★★★☆☆…普通。
悪くはない。が、2度はない。一度見れば満足。それでも映画として十分お金が払えるレベル。
★★☆☆☆…つまらない。
劇場に行って後悔する。無料なら見る。ながら作業で見るレベル。
★☆☆☆☆…すごくつまらない。
時間の無駄。無料でも見ない。お金をもらって見るレベル。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ