ここから本文です

ピアッシング (2018)

PIERCING

監督
ニコラス・ペッシェ
  • みたいムービー 48
  • みたログ 76

2.89 / 評価:53件

理性が崩壊し狂気に染まっていく

  • wxj***** さん
  • 2021年2月14日 20時33分
  • 閲覧数 65
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

冒頭、夜にアイスピックを握りしめ、男が赤ちゃんを見つめている。
後ろでは妻がウトウトしていて、話しかけられて慌ててアイスピックを隠す。

男は殺人衝動を持っており、幼い娘をアイスピックで刺したくてたまらない。
そんな危険な衝動を抑える為、SM嬢の殺害を計画。
娼婦を呼び出し先に縛っておく必要があるから、SM嬢が最適だと狙いを定める。

必要な道具を揃え、ホテルの一室に入り、女を呼び出す。
どのような手順で殺し、処理をするのかを、入念にチェックして練習する。

何度も想像でシミュレーションを繰り返す姿は、愚かしくて滑稽。
本人は至って真剣で、「エア殺人」の音だけ聞こえるのが不気味で気持ち悪い。

そこへやって来たのが、ミア・ワシコウスカ演じる奇妙な女。
ミアのキュートさは欠片も無く、ゲスくてビッチな変貌ぶりにビックリ。

女はシャワー室に閉じこもってしまい、呼んでも出て来ようとしない。
不審に思った男が中に入ると、驚愕的で衝撃的な光景が広がっていた。

自殺願望を持つこの女、自傷癖もあるようで、自分自身を傷付けていた。
ひえ~、痛そう~。痛々しい映像と、グロさ満載。

あんなに細かく綿密にしていた男の計画は、いきなり崩れてしまう。
女を病院に連れて行き、さらにもう一晩を女の家で過ごす事に。

場所が変わっても、男の目的は変わらず、遂行しようとする。
一見、物静かで人が良さそうな佇まいの中に潜む狂気に、ゾッとさせられる。

だが、それ以上に掴みどころが無く、サイコな一面を持つ女はもっと怖い!
あるトラップで男は体の自由を奪われてしまい、逆に女に拘束されてしまう。

どっちが被害者で加害者なのか、全く分からずに立場が逆転する。
さらに、男の計画を知った女から、さらに激しい攻撃が始まり・・・。

互いの理性が崩壊し、狂気に染まっていくクレイジーで倒錯的な世界。
死に魅了された者同士のゾクゾクする駆け引きが、破滅的で緊張感たっぷり。
その一方で、どこかコミカルさを感じさせる。

男の殺人衝動には、過去の出来事も関係していると判明してくるのだが。
男が見る妄想の世界もじわじわと怖くて、気味が悪くて不思議な感じ。

現実との境界線が曖昧になり、人間の業と欲望が暴かれる。
自分への攻撃性が他人に向かった時の、残酷さの果てには。
他者への攻撃性を自分で受けた時の、対応はいかに・・・。

ラスト、男のビックリな一言で終わり、えっ?!ここで?!と驚いた。
その後は、観る者に委ねるエンディングで、想像を掻き立てられる余韻を残す。

わずか81分という尺の短さで、なおさらもう終わり?!と驚くほどあっけない。
二人が繰り広げる狂気の世界に、ハラハラしつつもハマったせいもあるが。

エンドロールのスタイリッシュな映像も、どこか非現実的で独特な世界観を放つ。
ヒリヒリする痛々しさに耐性があれば、ただグロいだけじゃない深い内容が楽しめると思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ