ここから本文です

上映中

ワイルド・スピード/スーパーコンボ (2019)

FAST & FURIOUS PRESENTS: HOBBS & SHAW

監督
デヴィッド・リーチ
  • みたいムービー 632
  • みたログ 2,278

3.79 / 評価:1,812件

出て行こうかと思った

  • yti***** さん
  • 2019年8月23日 23時38分
  • 閲覧数 1159
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんだこれ、ワイルドスピードじゃないぞ。
そしてストーリーがめちゃくちゃ面白くない。
バイオハザードファイナル以来かな、途中で出て行こうかと思ったのは。

これまでワイルドスピードは色んな種類の車が出てきてた。
最近はアクションがメインみたいなとこもあったけど、それでもRX7、GT-R、マスタング、マセラッティ、フェラーリ、ヴェイロン…etcなどカッコいいスポーツカーやスーパーカーが沢山出てきて、それを目当てで見てるところもあった。
しかし、本作はスーパーカーなんてショーが乗ってたマセラッティだけ。
他は改造トラックやらトランスフォーマーバイクやら、よく分からん乗り物。
ガレージにはあったけど、走らせてもらえず…(笑)

ストーリーも秘密結社と改造人間が出てきちゃうし、挙げ句に銃無しで棍棒で殴り合うし…そんなのがやりたいならワイスピじゃなくていいじゃん。
ここまでいくとワイスピじゃないよ。

別の映画だとしても、退屈だったところがある。
それが無駄話。
とりあえず長い。
最初の内は「フフッ」と笑いながら見てられたが、途中からもうお腹いっぱい。
監督は笑いを欲したんだろうが、ワイスピはそんな映画じゃないし、ショーもホブスもそんなキャラクターじゃない。
特に飛行機の中は地獄だった。
中身の無い面白くないジョークをずっと聞かされる。
航空警察のくだりいる?
ショーのコネでサモアに飛んだってことであっさり済ませたらよくない?

それと、あの秘密結社の設定。
CIAが襲われたのがホブスとショーの仕業にできるの?(笑)
あそこに他にもCIA職員沢山いたのに、その人たちもグルなの?
大体、CIAなのに民間企業より手薄なレベル、取調室で職員がボコボコにされてるのにホブスが叫ぶまで誰も気付かないんだもん。
全くCIAらしさがなかったし、警察も出てこないからリアルさが無かった。

自分の評価とヤフーの評価はいつも大体同じぐらいなのに、ここまで評価が食い違ったのは初めてだった。
地上波であってもこの作品とTOKYOなんとかだけは見ない。
ライアンレイノルズ、クリフカーティスなど大物俳優がチョイ役で出てたが、無駄遣いに思えた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ