ここから本文です

生理ちゃん (2019)

監督
品田俊介
  • みたいムービー 82
  • みたログ 148

3.27 / 評価:97件

よくぞ、作って頂いた。心からの感謝を。

  • tokyo_sy*** さん
  • 2020年12月27日 16時08分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1840作品目。WOWOWプライムにて視聴。

女性の生理と言う現象を、真面目にコメディにポップに表現した、
男女共に、万人に見て頂きたい映画。

アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦主婦です。

さて。
ここからは、非常に私的な事を書かせて頂きますが・・・

月に一度の生理と言う現象が、各人女性に及ぼすダメージは千差万別。
生理痛など感じた事も無いと言う友人も居たし、
「結構、キツい方かも」な友人も居た。

その中で私の生理痛は。
多分、上位0.1%(当社比)に入るエグさ。

余りにも余りに酷い生理痛にて、母に連れられ高校生の時に婦人科を受診。

ハッキリとは書きませんが、ニュアンスだけ伝えると
「屈が90度。これはキツい。生理痛は凄まじい筈。
 出産時も多分難産になるが、まあ一度出産すれば軽減するでしょう」

え、そんな事、高校生の女子に言われても・・どないせいと。

そこからはもう、生理痛と戦う人生でした。

「女性の敵は女性」も、何度も何度も味わった。
生理痛が無い女性からすると、生理痛で唸る女性は「大げさな」
男性からすると「病気じゃないのに」

生理の時に、繁忙期で生理休暇を取れない時には。
鎮痛剤を既定の倍飲んで、職場までタクシーで往復。
勿論、「だから女は」「彼女って大げさ、オーバーね」と言われるのは
明白なので、友人や同僚はおろか、親にも黙っていて。

そんな中で結婚し。
新婚最初の生理の時に、生理痛に七転八倒する私に、
夫は驚き心配し、救急車を呼び掛けた。

ああ、「病気じゃ無いんだしサー」な男性が夫で無くて、本当に良かった。

長々と書きましたが。

そんな背景を持つ私からすると、もはや天啓、天恵なる本作品。
是非とも若い諸君には見て頂きたい。ぜひとも。ぜひとも。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ