ここから本文です

ひとよ (2019)

監督
白石和彌
  • みたいムービー 634
  • みたログ 1,398

3.87 / 評価:1134件

それっぽく作った映画

  • tak***** さん
  • 2020年7月2日 13時19分
  • 閲覧数 1117
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

予告編を観て名作の匂いがしたので観てみましたが、ただそれっぽく作った映画ってだけでした。

田中裕子さんは名演でしたが、お母さんがどういう人間か全然描かれていない。
不器用だけど実は情の厚い人間にしたかったんですよねきっと。
でも「事件」以前の父と子、母と子、夫と妻の関係が描かれていないので、お母さんの気持ちも、家族の絆も伝わってこない。松岡茉優と鈴木亮平がお母さん、お母さんと騒いでいるのに違和感があり、まったくついていけませんでした。

事件以前の母と子の関係を象徴するつもりか何度もエロ本万引きのくだりをやってるけどエピソードそれだけ・・?それで母子の絆は伝わってきませんでしたよ。(あと細かいですが、15年前「セックスレス」なんて言葉は世間の人は知らなかったのでは?)

一番不自然だと思ったのは、子どもたちは一応血のつながった父を殺された被害者家族でもあるのに、加害者家族としてしか描かれておらず、そのあたりの葛藤が表現されていないところです。妻からの、夫への愛憎にまったく触れていないのもヘン。全体的に人間が描けておらず、形式的なエピソードを重ねているだけです。

役者は、韓英恵さんがよかった。松岡茉優は万引き家族のときも思ったけど「松岡茉優だなあ」って感じ。彼女が本来持っている生真面目さとか長子っぽさが全面に出てしまって押しつけがましかった。
末っ子設定なんだからもう少しふわっとした(演技のできる)役者さんのほうがよかったのでは。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ