ここから本文です

さよなら、退屈なレオニー (2018)

LA DISPARITION DES LUCIOLES/THE FIREFLIES ARE GONE

監督
セバスティアン・ピロット
  • みたいムービー 60
  • みたログ 49

3.54 / 評価:35件

こじらせ女子は好きかー?

おーー!!

っていう、「スウィート17モンスター」や「レディバード」好きな人の熱い返事が聴こえる!

こじらせ女子大好きだけど、それだけの作品ではなかった。
退屈で特徴のない街。それは自分自身もそうであることに気づけず、何をやっても長続きせず、他にいらいらし通しのレオニー。

他とは、街を終われた父、喧しい義父、理解できない再婚をした母、馬鹿な男達。

ある日、知り合った静かな男スティーブ。自分になかった価値観や間合いに引き込まれ、ギターを習いながら恋愛でも友情でもない関係を築いていく。レオニーのいらいらがちょっとずつ溶けていくとこ、なかなかいいです。

思い切り端折りますが、それら一切合切を、特に、何も出来ずにいた自分を許す、この決別の物語。鮮やかなるレオの行動に目を見張った!!

そしてタイトル回収。その先と残された町に灯る希望の微光。
野球場のライン引き、スティーブとの時間だって希望の微光だったに違いない。ささやかな出来事は、暗くならないと見えにくいのだ。

主人公レオニーを演じたカレル・トレンブレイ、原石のままな感じが独特で、演じているというか、ただそこにいるような実存感が良かった。

50年代的な音楽もいい!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ