ここから本文です

ペトラは静かに対峙する (2018)

PETRA

監督
ハイメ・ロサレス
  • みたいムービー 90
  • みたログ 91

3.21 / 評価:33件

一口寸評

  • nn1***** さん
  • 2020年6月7日 13時54分
  • 閲覧数 476
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原題は「ペトラ」。哲学的な邦題は伊達ではなかった。
父親を捜す画家のペトラ(バルバラ・レニー)は、カタルーニャに住む著名な彫刻家ジャウメに、ある下心を持って弟子入りする。
そして、そこで出会った彼の息子と相思相愛になるが…。
アッバス・キアロスタミ監督に師事し、世界的に評価が高い監督の、6作目にして初の日本公開作である。
まずは、平気で人のいない風景を長々と映す、中・長距離カメラの動きが独特だ。
映像がアートなら物語もアート。
7章立てのエピソードをシャッフルして語る手法が心憎い。
人の「悪意」が引き起こす悲劇の連鎖であり、‘現代のギリシャ悲劇’という世評が言い得て妙だ。
『マジカル・ガール』(14)以来の主役バルバラ・レニーの知的な美貌がジャストフィット。
残酷なのにラストで和む不思議な秀作。
評価は4.5★。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • パニック
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ