2019年9月6日公開

いなくなれ、群青

1052019年9月6日公開
いなくなれ、群青
3.0

/ 521

29%
13%
16%
13%
30%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ある日、捨てられた人たちの島・階段島に、七草(横浜流星)が突然やってくる。島を出るにはなくしたものを見つけなければならなかったが、疑問さえ抱かなければ平穏に暮らすことができる。そんな中七草は、幼なじみの真辺(飯豊まりえ)に出会う。真辺は島から出るため、七草たちを巻き込んで島の謎を解明しようとする。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(110件)

ファンタジー23.4%不思議17.2%切ない16.8%泣ける8.6%ロマンチック8.6%

  • Idz

    3.0

    こういうの嫌いじゃない

    説明不足でイマイチ状況を理解出来ないが、しかし、高校生たちは何やら深刻に演じている。 あらゆる存在が謎だ。 こういう、観る者が想像力を豊かにしないと置いていかれてしまうあたり、まるで、 「ブギーポップは笑わない」のようだ。 むしろ、好きです。

  • mia********

    1.0

    原作は感動したのに

    はじめからありえない世界、神聖な世界として描きすぎ。そりゃ見てる人は惹き込まれないわという感じ。落ちがいいのに台無しにされた感じ。主役もヒロインもまわりも棒読みすぎる。その結果、存在しない世界すぎて共感できない。 真っ直ぐなヒロインを演じる=棒読みではないことをわかってほしい、、、もっと情熱的であってほしかった、、、

  • xdz********

    2.0

    他人に説明するのが非常に難しい作品。

    原作は読んでいないのですが、こんなに難解な作品なんだろうか? 多分、私は間違った解釈をしてます。 どこかの男子学生がこんな世界、こんな空間があったらいいな〜って感じで空想世界を作りそのお話かな?と。 現実社会ではないから、設定が魔女とか捨てられた人格とか何でもアリ。 そんな印象でした。 他の人のレビューを見ると、私が間違った解釈してると分かったが別にいいかって感じ。 なんかストーリーが進んでいっても蚊帳の外でボーっと眺めてる感じで作品が終わった印象でした。

  • moc********

    3.0

    ネタバレ映像美と横浜流星の美しさだけ..

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nao********

    1.0

    なんなんだ、これは。。。。。

    厨二病的自己満足ストーリーを、全然魅力的でないキャストが演じる、訳の分からない映画。途中で何度も寝そうになり、終わってほっとした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


飯豊まりえ真辺由宇
松岡広大佐々岡
伊藤ゆみトクメ先生
君沢ユウキタクシー運転手・野中
岩井拳士朗管理人・ハル

基本情報


タイトル
いなくなれ、群青

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日