ここから本文です

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 (2019)

監督
中田秀夫
  • みたいムービー 410
  • みたログ 1,745

3.31 / 評価:1426件

オソマツクン

  • fg9******** さん
  • 2021年5月12日 13時50分
  • 閲覧数 383
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。
 …あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。
 『長い黒髪の女性が狙われた連続殺人事件が解決してから数か月後、同じ現場から新たな身元不明の死体が見つかる。
 事件を追う刑事・加賀谷(千葉雄大)はかつて自分が逮捕した連続殺人鬼・浦野(成田凌)を訪ねると、獄中の彼は自身が師と仰ぐ「M」という人物の存在を明かす。
 やがて恋人の美乃里(白石麻衣)が何者かに狙われていることを知った加賀谷は、やむなく浦野に捜査協力を依頼する。』
 前作では2.2点の評価だったが、観てみる。
 前作でもタイトルのスマホからかけ離れた展開になって興味は半減したが、本作ではスマホを落としてもいなっかった、と違うんかい?
 それに、ヒロインの存在自体が天と地ほどの開きがあって観るに耐えん(演技の上手い下手以前の問題)。
 千葉雄大のボンボン顔は決して嫌いではないが、猟奇殺人鬼と与するにはひ弱すぎ。
 美乃里との恋愛模様?も陳腐でサブ過ぎ。
 成田凌の鬼畜ぶりはそれなりに愉しめたが、ハンニバル・レクター博士のオットロしさには到底及ばない。
 芸人を出す時間があるのなら、井浦新の出番をもっと多くすべき。
 成田凌に若干加点しても、1.2点のオソマツクンだな。

 (メモ 総レビュー数:3987件、2021年度92作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ