ここから本文です

上映中

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 (2019)

監督
中田秀夫
  • みたいムービー 419
  • みたログ 1,323

3.47 / 評価:1,095件

成田凌の浦野が真の主役!ハッカー対決映画

  • Kassy さん
  • 2020年2月25日 9時21分
  • 閲覧数 818
  • 役立ち度 25
    • 総合評価
    • ★★★★★

スマホを飛び越えてただのハッカー対決になっていた!
だがしかしそれが面白い。
個人的には前作より好き。

前作のサイバー刑事加賀谷と、前作の犯人だった浦野を軸に話は展開していき、前作で意味ありげに描写された加賀谷のバックグラウンドについて掘り下げられていく。

メインの千葉雄大くん白石麻衣ちゃんは演技は正直拙いものの、ミスリード満載の予想のつかない脚本が演技をカバーしている。千葉雄大くんはキャラクターとはあってないとは思うけど、頑張りは伝わってくる。まいやんは身体結構はってます。

加賀谷のトラウマ、加賀谷の過去、浦野との関係と対比、メインのサスペンスなどなど要素がてんこ盛りすぎて食傷気味になる程だが、詰め込みまくった感じが嫌いではない。オチがわりと綺麗。

前作は身近な中で殺人犯が潜んでいる怖さだったが、今回はスーパーハッカー浦野と対決する謎のスーパーハッカーMの対決が見どころである。すごいはずの加賀谷くんは全然すごく見えないぜ。神奈川県警がんば!

しかし、この展開を見越して成田凌をキャスティングした人…天才だな?
ある意味ジョーカー。成田凌がこの作品の肝だ。

意味ありげに配役されている井浦新も、なるほどだからそういう配役なのかと唸る。

続編もありそうな終わり方だが、作ったらまた見たい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ