ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ドッグマン (2018)

DOGMAN

監督
マッテオ・ガローネ
  • みたいムービー 135
  • みたログ 133

3.50 / 評価:103件

dogman自身が怪物(あるいは病人か?)

  • yam***** さん
  • 2019年10月5日 16時20分
  • 閲覧数 449
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「弱い男が智恵を使って強い男を倒す」というおきまりの物語お作法を覆した意欲作。
で、出来たのは無残な雰囲気映画というオチw。

ストーリーもない、美しいカットもない、映画的カタルシスもない、せっかく犬がいるのに活躍しない。
犬と子役がちょっとかわいいだけ。

なんだこりゃ。

主役ののび太(マルチェロ、優しく弱いバカ)はコカインをエサにジャイアン(シモーネ、暴力的バカ)をおびき寄せる。
のび太の方が裏社会と繋がっていてコカインを手に入れるのは不自然だと思う。
普通はジャイアンが無理やりのび太にドラッグ売りつけて金を稼ぐんじゃないの?


弱くてバカで無策で暴力の行使も不適切な、ただただ残念な男の話。

残念なだけじゃなく、怪物あるいは、病人か。

動機はどうであれ、本作の中で最大の暴力を発動するのはdogman。

やり方もまずいし、やり過ぎ。

幻聴幻覚は薬のせいなのか、それとも精神に異常を抱えているのか。


まるで国際社会における日本の姿を見るようで、別の意味で胸が痛んだw

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ