ここから本文です

Fukushima 50 (2019)

監督
若松節朗
  • みたいムービー 1,107
  • みたログ 3,402

4.24 / 評価:2874件

感動的に演出されているが、当事者としては

  • wickyyyyyyyyy さん
  • 2020年11月21日 23時49分
  • 閲覧数 1443
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

当時福島にいたので、あまり映画は見ないが、当該映画は拝見。
現場の過酷さは伝わった。しかし、当時福島にいた人間からしたら、いきなり避難させられて、仕事も私生活もかき乱されたので、何化粧映えしているのか・・・という気分になった。
2号機の格納容器圧力増加も当時は大騒ぎで、避難して車のガソリンもなくなって、パニックになった記憶しかない。
結局格納容器圧力が下がったのもたまたまみたいなもので、それを下げるために現場が何をしたんだろう?と思った。
それよりも、もっと危険予知した訓練しとけよ!と思った。
あまりにも美化しすぎていて、とても不愉快な気持ちになった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ