ここから本文です

Fukushima 50 (2019)

監督
若松節朗
  • みたいムービー 1,103
  • みたログ 3,296

4.25 / 評価:2790件

嘘はイカンでしょ、ウソは。

  • polepolepon さん
  • 2020年3月7日 17時49分
  • 閲覧数 4745
  • 役立ち度 109
    • 総合評価
    • ★★★★★

ほら見ろ、ここのレビューみても、みんな信じちゃってるじゃんか。

官邸が海水の注入を止めさせたのはウソ。
菅直人が原発に乗り込んだ時の背景もウソ。
当時、まことしやかに流れたフェイクニュースを土台にしている。
これは驚き。
むしろ危機感を感じた。

いや、現場でのガンバリはその通りだが
ストーリーの核心に連なる背景が、フェイクニュースに基づいているのでは、
現実の物語を描く映画としては評価できない。
実際の事故を別の観点から描くというのはアリだが、
既にフェイクニュースだと判明している事を
「事実」として描くのはマズイだろう。

現に、これが真実だと勘違いしている人が続出てしまっている。

オレは事故当初から、この福島原発で命懸けで闘った人達の活躍は
映画化できると思っていた。
社会性もあり緊迫感もあり重厚な人間ドラマも描けそうだと思った。
それで出来たのがコレとは・・・。
非常に残念。

やるならフィクションとしてやるべき。

しかし、一つの疑問が解けた。

なぜ、実際の原発事故を題材にした映画に
多額の予算や有名俳優を使えたか、その意味が分かった。

当時の東電を擁護する映画だからだ。

そして、さっき知ったのだが、
原作者が心酔するのは、当時フェイクニュースを流した張本人で、
民主党政権を今も「悪夢」と敵視している与党の超有名政治家だったんだね。
オトモダチとして桜にも行ってたんだね。
なるほど。

これじゃ予算もつくって話。

見る側にリテラシーがないと、騙されちゃう。
気を付けて。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ