ここから本文です

るろうに剣心 最終章 The Final (2020)

監督
大友啓史
  • みたいムービー 1,336
  • みたログ 4,150

3.86 / 評価:3404件

人として生きる事の意味、生と死を命題。

  • cappuccino777 さん
  • 2021年9月3日 6時20分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「るろうに剣心」は自分の中では「伝説の最期編」をもって終わりと判断していました。
今作「最終章・The Final、The Beginning」は想定外でした。
いろいろなレビューがありますが、自分はできるだけポジティブに見たいと思います。

この作品は最終章としThe FinalとThe Beginningを一対として捉えるのが良いと思います。
どちらか一方では成立しないと思います。

雪代縁(えにし)たる新たな強敵が現れます。
「伝説の最期編」の志々雄真実(ししお)を超える敵など出せるのかとも思います。
しかし、えにしは実力以上の力を持っています。そこにはえにしの生い立ちが深く関わります。
ここで剣心の頬の十字傷がなぜあるのか、そう剣心の心の闇にメスが入ります。

時代の変化に翻弄され忠誠心を説いているように思えます。
人として生きる事の意味、生と死を命題にしているのでしょうか。
あくまで今作「最終章・The Final」は「最終章・The Beginning」の前振りと捉えます。
よってえにしはあくまでその結果であって、絶対はThe Beginningにあると思います。

追記:
とても良い作品がコロナの影響で時期がずれた事はとても残念に思います。
コロナに限らず上映タイミングがずれた良作は意外とあります。
それも運命なのでしょうか、フィルムは記録され映像として残ります。
そうした意味でも映画は深いと感じます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ