2019年6月8日公開

クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

KLIMT & SCHIELE - EROS AND PSYCHE

942019年6月8日公開
クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代
3.2

/ 30

3%
40%
33%
20%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

「ユディトI」「接吻」といった作品で知られ、ウィーン分離派で中心的役割を果たしたグスタフ・クリムト。そのクリムトと深い関わりを持ち、「自画像」「死と乙女」などの作品を残したエゴン・シーレ。二人は人間の不安や恐れ、エロスを描き、革新的な作品を生み出した。彼らの作品を所蔵する美術館などを巡りながら、ウィーンの黄金時代を紹介する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(11件)

知的33.3%セクシー14.3%不気味14.3%ゴージャス14.3%かっこいい4.8%

  • rai********

    3.0

    世紀末ウィーンの美術、フロイト、音楽…

    スペイン風邪や梅毒が渦巻く世紀末ウィーン。不安や孤独やセクシュアリティを描いたシーレとクリムトを中心に、フロイト、哲学者(ウィトゲンシュタイン)、音楽家(マーラー)、サロメ、工房、写真家、性に目覚めた少女など、ありとあらゆる人びとがどう世紀末ウィーンを形作っていたかを描き出すドキュメンタリー。 おどろおどろしくて退廃的でありつつも、中産階級の女性が解放され独立し自由な性を謳歌する時代でもあった。 シーレの作品はあまり知らなかったが、見ているものを不安にさせ、フランシス・ベーコンの作品のように、正視しづらい。それだけでなく、クリムトとシーレの作品は、見ている者の性欲を引き出すそうだ。恍惚感だけの美しい世界ではないのか。 知らないことだらけで勉強にはなったし、この時代のウィーンという意味では全てつながってはいるのだろう。しかし、海外ドキュメンタリーあるあるだが、話が美術から精神分析や音楽など、あちこち行ったり来たり。 また特にシーレに関しては不気味なエピソードも多く、ナレーターのお兄さんの語りもおどろおどろしい。彼らが残した疑問は結局解決されず現代に引き継がれている、という結論と相まって、後味はあまり良くないかも。

  • per********

    3.0

    パンデミックに消えた2人の天才

    世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレを中心に、いわゆるウィーン分離派の活躍を紹介するドキュメンタリー。まるでNHKの番組のようなお勉強映画です。クリムトもエゴン・シーレも1918年のスペイン風邪が原因で亡くなったのですね。 当時のウィーンは「エロチシズムと孤独と不安と混乱の世界」と称されました。著名な音楽家、画家、科学者、作家らが毎日のようにカフェやサロンに集い、その相互啓発の中から新しい文化が生まれてきた事がよく分かります。 とりわけ大きな影響力を持ったのが精神分析の創始者フロイトでした。彼は深層心理の探求で知られますが、特に人間を行動に駆り立てるのは攻撃性とセクシュアリティであると喝破した事が、それまでの保守的な伝統の殻を破る文化人の精神的なバックボーンとなりました。エゴン・シーレの作品などはまさにその象徴と言ってよいものです。 コメンテーターの中ではノーベル生理学・医学賞受賞のエリック・カンデルの解説が明解で面白いと思いました。このジイさん、コメントする時に小芝居するのが何だかとってもお茶目。 これまで様々な映画の舞踏会シーンを観てきましたが、本作終盤のそれは作り物でない本物の迫力がありました。

  • bam********

    3.0

    クリムトよりもウィーン黄金時代がメイン

    クリムトに興味が有ったので鑑賞。 話としてはウィーン黄金時代やエゴン・シーレも同程度。 知的興味は満たされるが、面白みは少ない。 クリムト展に行きたくなった。

  • ハングリー・アボカード

    4.0

    ウィーン世紀末のドキュメンタリー

    クリムトやシーレの人物伝というよりも、ウィーン世紀末を著名人の解説を交えながら紐解くといった感じのドキュメンタリー映画です クリムトやシーレの生きた時代背景を知るには良い映画です

  • kya********

    2.0

    クリムト展に行ったので

    お盆休みに豊田市美術館のクリムト展に行った後、なにげに新聞で当地の独立系劇場(シネマイーラ)でクリムトの映画やってるじゃん!と見つけてせっかくなので嫁さんと観賞に。 ところで入場するまでドキュメンタリーとは知らなかった。 話も、あっちこっちにとっちからっていて(見る方の素養がたりないせいのかもしれないが)途中眠くなる局面も・・・。 正直できの悪い「美の巨人たち」といった感じだった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

原題
KLIMT & SCHIELE - EROS AND PSYCHE

上映時間

製作国
イタリア

製作年度

公開日