レビュー一覧に戻る
3人の信長
2019年9月20日公開

3人の信長

1062019年9月20日公開

fg9********

2.0

ラストのタイトルが変わる場面だけ可笑しい

…あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。  『永禄13年。  今川軍残党の蒲原氏徳(高嶋政宏)とその配下たちは、金ヶ崎の戦いから敗走する織田信長の首を取り、今川家を打ち負かされた恨みを晴らそうと奮い立つ。  やがて廃村に潜んでいた3人の男(TAKAHIRO、市原隼人、岡田義徳)を捕らえるが、それぞれが信長を名乗り始める。  間違えて影武者の首を打ち取れば、今川家は笑いものにされてしまうと危惧する氏徳。  さまざまな手を尽くして本物をあぶり出そうとするが、彼らも負けじと自分こそが信長だと言い張る。』  先ずは、敵の大将の顔すら知らないでは勝負にならん!という思いで観たので、チットモ興が乗らんかったな。  しかも、武士らしく感じるのは市原隼人だけで、ファンの方には申し訳ないが、TAKAHIROは童顔過ぎて、とても戦国の武士には見えんかったな。  ラストで、タイトルが変わる場面だけは可笑しかったので、それに若干加点しても、精々が2.2点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:3805件、2020年度338作品目)

閲覧数729