ここから本文です

あなたの名前を呼べたなら (2018)

SIR

監督
ロヘナ・ゲラ
  • みたいムービー 184
  • みたログ 267

4.12 / 評価:200件

当り前にある差別

  • arl***** さん
  • 2020年7月12日 14時57分
  • 閲覧数 501
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

じっくり丁寧に召使と「旦那様(原題:SIR)」の関係を描いています。いまでも階級差別は根深いのでしょうね。現在のインドではこの映画は「こんなことがあったら素敵だ」というシンデレラのような話なのでしょう。「19歳で未亡人になって人生終った」って痛切ですねえ!平等の大切さを教えてくれる映画です。

プッチーニのオペラ「トゥーランドット」で召使リュウが、王子カラフへの愛から死をかけて王子を守るのに、カラフはリュウを一顧だにしない(で王女トゥーランドットを愛する)、といってカラフの冷酷さに不平を言う方がよくいます。でも20世紀初頭の社会通念では王子と召使の恋愛など非常識だったのです。この映画を観てちょっと思い出しました。インドでは、否、世界中多くの国で今でもそうだってことなんだな(日本にもそんな人は多そうだ)、と思いました。
21世紀はこんな社会通念がどんどん払しょくされるといいですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ