ここから本文です

カツベン! (2019)

監督
周防正行
  • みたいムービー 373
  • みたログ 1,242

3.61 / 評価:1004件

映画の原点の歴史を楽しめる作品

  • bat***** さん
  • 2021年1月12日 22時41分
  • 閲覧数 162
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

活動弁士、日本独自の文化だったというのが誇らしい!
人によって全然活動写真の語り方が違ったんだなぁ、それを役者さん達が演じてるのも凄い。
成田凌さんが演じる弁士が、夢を叶え人気を得ていく様はサクセスストーリーとして爽快感たっぷり。

永瀬正敏さんが演じる山岡が、
「映画がないと活動弁士は成り立たないが、活動弁士がいなくても映画の力は残る」
という趣旨のことを言ってたのが印象的。
時代は確かにそう動いたけど、弁士の語り口によって作品が七色になる時代があったこと、それを今の映画で知れたことは感動でした!
映画の終わりでは刑務所?で弁士の語りだけが残る演出も、粋だなぁと思いました。

活動弁士が語る映画を見てみたくなりました!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • パニック
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ