ここから本文です

上映中

記憶にございません! (2019)

監督
三谷幸喜
  • みたいムービー 1,295
  • みたログ 4,013

3.85 / 評価:3,118件

二重の辛辣なメタファー

  • タミーゴ さん
  • 2019年9月13日 15時40分
  • 閲覧数 4877
  • 役立ち度 43
    • 総合評価
    • ★★★★★

シネマ冒頭で注意書きがある:
「この物語はすべてフィクションです、実在のものではありません、もしよく似ていたとしても たまたまです」

僕は今作品予告編からかなりスラップスティックコメディを想像していた。
「ガハハオヤジ」になってストレス解消するぞって、期待してもいた。

ところがである、
予告編の「ガハハ」テンションは最初のシークエンスのみ、
有ろうことか今回の三谷シネマは、ハートウォーミングホームドラマだった。
記憶を失った総理大臣と政敵との確執はほんの隠し味程度、
夫婦愛を取り戻し、父親の尊厳を築いていくスクルージ総理の懺悔物語に意表を突かれた。

終わってみれば、空虚なギャグやドタバタアクションなどより数段上等なシネマになっている。
こんなシネマも嫌いではない。

さて、「たまたま似ているとしても、これはフィクション、実在の話ではない」というテーゼを思い出そう。

この物語では、ありえない理想的政治家を描くという逆説的な内容をして実在の話ではないという。

二重の辛辣なメタファー、
ハートウォーミングドラマにして、強烈なキック、
三谷幸喜さん 健在なり。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ