ここから本文です

カーマイン・ストリート・ギター (2018)

CARMINE STREET GUITARS

監督
ロン・マン
  • みたいムービー 42
  • みたログ 51

4.09 / 評価:33件

過去と未来と人をつなぐ場所

  • mai***** さん
  • 2019年9月25日 21時26分
  • 閲覧数 257
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ニューヨーク公共図書館とは違うやり方で過去と未来をつないでいる。
このような場所が同じニューヨークになるものなんだと…

過去の記憶
人々がそこで生活をしていた傷跡

街が新しくなっていくのは仕方ないけれど
新しくなると共に、そこにいた人たちの生活の記憶が消えていく。

それをギターにして残す。
きっとそれは単なるギターではない。
それ自体が音を内包しているのだろう。

もちろん
ギタリストたち一人ひとりの持つ音が凄いのはよくわかります。
同じギターでも奏でられる音が全く違うのは
映像をみていたら理解できるはずですけれど
それがメインの話ではないんだと思います。

記憶と共に作られたギターたちと
職人とギタリストたちの記憶とが融合して
新たな時代を歩き出す。
過去と今とを結び未来へ歩き出す。
カーマイン・ストリート・ギターは歴史を未来につなぐ門のような場所なのかなと思いました。

2019年9月23日シネマテークたかさきで鑑賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ