2020年2月7日公開

37セカンズ

37 SECONDS

PG121152020年2月7日公開
37セカンズ
4.3

/ 522

49%
35%
11%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

23歳の貴田ユマ(佳山明)は、生まれたときに37秒間呼吸が止まったため、手足を自由に動かすことができない。親友で漫画家のゴーストライターをしているが、自分の作品を出せないことに複雑な気持ちを抱いていた。ユマは、過保護な母・恭子(神野三鈴)のもとで閉ざされた生活を送っている。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(115件)

切ない19.5%泣ける16.1%かわいい13.4%勇敢11.9%楽しい7.9%

  • jef********

    5.0

    いい意味でファンタジー

    生まれる時に37秒間呼吸しなかったが故に脳性麻痺になってしまうんだ。だから、泣かない赤子には一生懸命お尻を叩いたりすんだな。アラ還の爺さんも今更ながら納得。 冒頭の2人暮らしの母親との入浴シーンから障害者の生活が生々しく描かれぐっと掴まれる。彼女は漫画家のアシスタントとして働いているが、実態は華やかな美人漫画家のゴーストライターを強いられている境遇であり、鬱々とした生活から脱出を目指し、ひょんなことからアダルト漫画を書こうと思い立つ。 個性的な人々との出会いと共に障害を持つ少女とは思えない行動力で物語が進んでいき、彼女の自己発見と成長を深刻ぶらずに共感できる。 偽善や差別、無償の優しさ、リアルな障害者の性、色々感じることができる良作です。

  • bnt********

    5.0

    いやー参りました。

    冒頭のおっぱいシーンはこの映画に対する決意の表れなのか?いきなり度肝を抜かれました。 私の甥っ子も障がい者なのでなんか観てて感情移入もありました。この映画は皆んなに観てもらいたい作品です。

  • じぇろにも

    4.0

    ネタバレ邦画 車いすで電車から降りる少女

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fuj********

    5.0

    強い突破力と説得力

    昨年某名画座でファースト・ゴジラと最新ハリウッド・ゴジラの二本立て。 いそいそと出かけて行ったら、偶々二つ隣の席が車椅子の女性だった。 新作のクライマックスでは身を乗り出して画面に食い込んでらっしゃる。 そうでしょうそうでしょう、誰だって観たいよね、だって楽しいもん! 俺だって早く観たいよ、キンゴジ。一体いつになったら公開なの? それはさておき確か80年代に『典子は、今』という映画があった。 監督は日本映画界の良心・松山善三。 両腕がない本物のサリドマイド児が主演し、その年の話題をさらったが、 いかにも文部省特選といった体で、どうにもお行儀が良すぎた。 本作の登場は、それ以来ということになるのだろうか。 昨年一番の衝撃作と評判の一本、方向性は同じでも彩は極端に対照的だ。 脳性麻痺による実在の障碍者を主演に据えた本作、 佳山明という得難い存在を得て、強い突破力と説得力を備えた快作となった。 何しろテーマがすごい。すごすぎてここには書けない! 障碍者とそれを結びつけるか!という組み合わせ。 私は韓国映画『オアシス』で免疫ができているので耐えられたが、 初体験の人は居心地が悪いかも。 どんなものかは自分で劇場に足を運んで確かめてください! このテーマにより障碍者を取り巻く様々な問題が芋蔓式に出る出る出る。 どこまでが計算なのか、HIKARI監督!ひょっとして天才? 主人公は出口の見えない迷宮に、自ら単身車椅子で突入していく。 か細い声して、やることはやる。もはや実行あるのみだ! 島国日本は車椅子の障碍者にとっても狭苦しい。 終盤は思わぬ水平的広がりを見せ、度肝を抜かれっぱなしだ。 前述の『オアシス』とは、また違った切り口で、社会の常識を問う。 完全バリアフリーの世の中は、案外早く実現するやもしれぬ。 そんな希望を抱かせる明るい楽天性が、この作品には溢れている。

  • ken********

    5.0

    冒険だね

    脳性麻痺の女性の話。 障害があっても、外の世界でいろいろ冒険ができる。きっかけって大事だね。可能性は無限かな。 主人公の佳山明さんがチャーミングで魅力的だった。 脇の役者さんたちもみんなよかった。 爽やかな優しさに包まれます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
37セカンズ

原題
37 SECONDS

上映時間

製作国
日本/アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル