ここから本文です

37セカンズ (2019)

37 SECONDS

監督
HIKARI
  • みたいムービー 273
  • みたログ 627

4.27 / 評価:517件

見て楽しい映画ではない、高評価は疑問

  • igarashiken273 さん
  • 2020年2月22日 18時04分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビューの評価が高く、期待していましたが、決して見て楽しい映画ではありませんでした。

私の映画評価の基準は、見て楽しかったか? わざわざ劇場に足を運んでも引き合う位映像は綺麗だったか? ですので他のレビューワーの高評価に疑問を持たざるを得ません。

この映画は、障害者が感じる不条理、なぜ健常者と同じようにできないのか? してはいけないのか? しようとさえ思ってもいけないのか? などがテーマになっているため、終始、鉛を飲まされたような重い気持ちが続きます。

また、いろんなエピソードを詰め込んだわりに、結局、ヒロインが望んだものは何一つ手にすることができなかったように感じるため、オーディションで選ばれたというヒロインの一世一代の熱演がとても可愛らしく見えるが故に、重い気持ちを増幅させただけでした。

映像も綺麗とは言い難く、特にタイの映像などは「世界ふしぎ発見」のスタッフの方がはるかに綺麗に撮れるのではないかと思ったくらいです。

エンドロールでこの映画の製作に、NHKが協力していることがわかりました。
私の知る限り、40年以上にわたり手を替え品を替え、当作品のようなドラマを作り続けているNHKですが、今回は地上波にのせられない領域まで足を踏み入れた感があります。

問題提起のためにこの手のドラマをNHK自身が作ることは良いとしても、外部の映画製作に国民からふんだくるように集めた受信料を注ぎ込むのは問題だろ、などという気持ちも沸き起こり、当作品を劇場に見にきた後悔が募るばかりでした。

では逆に、私が最近見にきて良かった! と思った作品は、レビューで満点を付けた「屍人荘の殺人」、数年前満点評価をして当作品の前日に午前10時の映画祭で見直した「七人の侍」、レビューは上げなかったものの満点評価の「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」です。

作品選びの御参考まで。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ