ここから本文です

ゴーストランドの惨劇 (2018)

GHOSTLAND/INCIDENT IN A GHOSTLAND

監督
パスカル・ロジェ
  • みたいムービー 68
  • みたログ 149

3.67 / 評価:122件

逃避行の果てに

  • ナツゴロウ さん
  • 2020年4月20日 16時27分
  • 閲覧数 359
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

あまりにもリアルな夢は、現実と錯覚しそうになり、
目を背けたいような現実は、夢だと思いたくなる。
夢と現実の境がわからなり、実際には存在しない幻に
心が殺されることもあるのだろうと思う。

母と双子の姉妹の三人家族。
引っ越した矢先、家で二人の暴漢に襲われるも母が撃退。

それから数年、妹は当時のショックから立ち直るも、
姉は今も塞ぎ込んでいる。
事件のあの日から時間が止まったまま。
姉の痛々しい傷だらけの姿に、
自傷行為を繰り返しているのかと思うも、
妹の目にも、あの日の暴漢の姿が視界に映る。

トラウマを克服するのは、並大抵のことではない。

どうすれば姉を救うことができるのか、
何故ここまで苦しんでいるのか。


正直観終わって、中途半端なストーリーと
描写だと感じてしまった。
一体あの暴漢たちは何なのか、なぜあのような
行動を取るのか、腑に落ちない点は多かった。

すべて種明かしせず、考える余幅を持たせることは
大事であり、理由がないからこその恐怖もあるだろう。
映画は観る方の理解力に委ねられるところが大きいが、
納得しなかった部分が多いのは、私の理解力、というより
想像力不足もあるのかとも考えた。

しかし肩透かしを食らった一番の原因は、
観る前に、数々の伏線、罠、必ず騙される…等
余計な刷り込みで期待値を大きくしすぎてしまったこと。

今から観る人はぜひ、期待せず、深く考えず、
ストーリーに流されるままに観てほしい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ