ここから本文です

存在のない子供たち (2018)

CAPHARNAUM/CAPERNAUM

監督
ナディーン・ラバキー
  • みたいムービー 362
  • みたログ 782

4.31 / 評価:618件

生まれながらに存在する格差

  • Areyouhappy さん
  • 2019年8月18日 10時11分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

覚えもなく生まれた子供たち
なぜこの時代に
なぜこの国に
なぜこの家に

よく神様はその人が乗り越えられる
試練だけを与えるというけれど、
あまりに過酷な試練の連続

実際に難民として暮らす彼らの
演技を超えた「存在」が心を打つ

御涙頂戴の感動話でもなんでもなく
ただただ現実を知る

生まれながらに存在する格差
どうにもならないことと思いながらも
非常にやるせ無い気持ちでいっぱいになります

陽だまりでぬくぬくと過ごしているのは心地よい
「だけどそれだけで良い?」
「また見て見ないふりをしてやり過ごす?」
色々と自分自身に問いかけられる映画です。

この映画をきっかけに
たまにはじっくり自分の心と向き合って見ては
どうでしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ