レビュー一覧に戻る
存在のない子供たち
2019年7月20日公開

存在のない子供たち

CAPHARNAUM/CAPERNAUM

PG121252019年7月20日公開

fpd********

5.0

突きつけられる自分自身

”当たりまえ”のことが当たりまえにできる日常が、いかに幸せで尊いことか、胸に迫ってくる。そして、自分自身を突き付けられる映画だ。ゼイン役のゼイン・アル=ハッジは、レバノンに逃れて来たシリア難民だという。この子の演技が圧倒的にのしかかってきて、そしてせつない。こどもが赤ん坊の面倒を見るという過酷な日常、その中をたくましく生き抜こうとしながらも、立ちはだかる現実の社会。大人たちは今何をなすべきなのか、痛いほどに迫り、考えさせられる。

閲覧数786